TAG

五木村

五木の子守唄で知られた、球磨郡で最も面積が広いのに人口が少ない村です。反面自然が豊かで、空気も水も驚くほど澄んでいます。したがって、自然味あふれるスポットが豊富です。

五木村 雄大な大自然が観光資源

五木の子守唄で知られた、熊本県球磨郡で最も面積が広いのに人口が最も少ない村です。反面自然が豊かで、空気も水も驚くほど澄んでいます。したがって、自然味あふれるスポットが豊富です。

平瀬分校 解体前にせめて写真に残したかった渓谷の校舎

平瀬分校は、かつて熊本県球磨郡五木村にあった、五木東小学校の分校です。校舎があったのは、五木小川の平瀬渓谷沿いです。以前は、県道25号宮原五木線の一段下に校舎が見えていました。残念ながら、すでに校舎はありませんでした。解体前に、見ておくべきだったとすごく後悔しました。

端海野キャンプ場 高地の林間フリーサイト

端海野(たんかいの)キャンプ場は、熊本県球磨郡五木村にある、林間のキャンプ場です。特徴は、標高1,000mという高地にあることです。冬場は休場となります。夏はとても涼しくて過ごしやすいと思いますが、高地の夏は短いです。早春や晩秋に訪れる場合は、ある程度防寒装備の用意がいるかもしれません。

五木西小学校 小鶴地区の歴史ある小学校

五木西小学校は、かつて熊本県球磨郡五木村丙小鶴にあった村立小学校です。1947年から1995年の間は、五木第一中学校西分校が併設されていました。小鶴地区は、五木村の北西部にあたります。白滝公園のある集落が小鶴になります。

白滝公園 昔は難所、今は名所

白滝公園があるのは、県道25号線、宮原五木線沿いです。小鶴トンネルのところの駐車場に、いつも人が集まっているのが気になっていました。白滝公園といい観光地として整備されているようです。昔の難所は今、観光名所になっていました。

東俣・西俣阿蘇神社 川辺川ダム計画により遷座

江戸時代、五木村には東俣と西俣それぞれに阿蘇神社がありました。五木村の民衆との結びつきを重視する人吉藩主が代々参詣した神社といわれています。2004年(平成16年)、川辺川ダムにより水没予定の東俣、西俣、白木神社の3社を合祀のうえ、頭地代替地へ遷座しています。

五木村の聖地巡礼 野々脇の祠と宮園橋

国道445号線を人吉方面から北上し、相良村最北ポイント、藤田橋を越えますと五木村です。夏目友人帳の聖地もそうですが、観光スポットも川辺川沿いに点在します。時間が許すなら、巡礼ついでに観光スポット訪問もおススメします。