TAG

水上村

水上村は、その名の通り球磨川の最上流、水源のある村です。面積が広いですが、その多くが山林です。球磨郡の最奥地ということもあり、立地的なハンディはありますが、意外と昔から観光に力を入れていて地味に広く知られるスポットがあります。

水上村の特産品

水上村は、熊本県にありますけど、熊本市からとても距離が離れています。「ちょっと水上村まで買い物いってきます」という方は、なかなかいないと思います。通信販売でどうぞ。

水上村 意外と観光客が訪れる球磨川最上流の山村

水上村は、その名の通り球磨川の最上流、水源のある村です。面積は広いのですが、その多くが山林です。球磨郡の最奥地ということもあり、立地的なハンディはありますが、意外と昔から観光に力を入れていて地味に広く知られるスポットがあります。

熊本・宮崎・鹿児島 各県のバス釣りスポット

ブラックバスは、大正時代から日本に放流されている魚です。そのため、一部の水域では居住権?を得た感があります。あの豪快な引きは、在来種では味わえません。そこで、南九州のブラックバスフィッシングポイントを3ヶ所ご紹介します。市房ダムと野尻湖と大鶴湖です。

白水阿蘇神社 へび神さまとよばれるのは一体なぜ?

白水阿蘇神社は、熊本県球磨郡水上村江代にある神社です。名前の通り、ご祭神は阿蘇神社の神様なのですが、ヘビの神様をまつることで知られています。白水阿蘇神社は、古くからこの地に鎮座し、氏神さまとして、大切にされてきました。創建当初から、ヘビの神様がまつられていたわけではないようです。

柳原分校 球磨川最上流にあった分校

柳原分校は、かつて熊本県球磨郡水上村江代にあった、古屋敷小学校の分校です。球磨川水源に行く途中、柳原分校あたりの集落が、最も水源に近い集落となります。以前は、さらに奥にも集落があったのですが、みんな山をおりてしまいました。柳原あたりの集落が、最後まで残ったのは、製材工場があったからです。

古屋敷小学校跡 江代地域防災拠点施設

古屋敷小学校は、かつて熊本県球磨郡水上村江代にあった村立小学校です。閉校時木造2階建ての校舎がありましたが、すでに解体されています。校庭はヘリポートに変わりました。しかし、体育館とプールと多くの遺構が残されていました。

熊本県立多良木高等学校 統合再編で閉校

多良木高等学校は、熊本県球磨郡多良木町にあった県立高校です。熊本県教育委員会では、球磨郡の県立高校3校を、統合再編し2校とすることで検討していました。2014年(平成26年)に、多良木高校の学科を、別の2校移し閉校する方針を公表しました。

一宮神社(市房山神宮中宮) 本宮造営時の山麓の仮殿

市房山神宮は市房山をご神体として、山中の本宮、山麓の中宮(一宮神社)、湯前町の下宮(里宮神社)の三社で構成されています。一宮神宮は市房山神宮の中宮という位置づけになります。「お嶽さん参り」のコースのひとつで、市房山神宮を目指す藩主や領民の、唯一の休憩場所として利用されていました。

市房山神宮本宮 市房山信仰の象徴

人吉球磨の最高峰が市房山になります。古来から人吉球磨の人々は市房山を信仰の対象としてきました。市房山のことを「お嶽さん」と呼び親しんでいました。市房山神宮が建立されたのは平安時代にさかのぼります。 市房山の中腹に社殿が建立されたのは807年のことでした。