串間市立大納小学校

大納小学区 日南海岸恋ヶ浦ビーチにほど近い学校

大納(おおの)小学校は、かつて宮崎県串間市にあった公立小学校です。

串間市立大納小学校

統合先の都井小学校とならび、宮崎県最東南端の小学校となります。

大納地区

串間市立大納小学校 校門と玄関

大納(おおの)地区は、1954年(昭和29年)串間市発足前は、都井村になります。

恋ヶ浦ビーチ

大納小学校から、サーフィンの名所「恋ヶ浦ビーチ」は目と鼻の先です。

串間市立大納小学校 正門の表札

伝説によると、鳥羽上皇が晩年に上陸した地となります。

串間市立大納小学校

鳥羽上皇は、大納の海岸から海の向こうの都(現在の京都市)を恋しがっていたといいます。

串間市立大納小学校 閉校記念碑

そのため、恋ヶ浦という名称がついたといわれています。

串間市立大納小学校 閉校記念碑

現在は、全国から人が訪れる、有名なサーフスポットです。

国道448号線を通って行く、ドライブコースです。

串間市立大納小学校

校内

串間市立大納小学校 運動場

RC構造の校舎が残っています。

串間市立大納小学校から見た日南海岸

宮崎県南端の串間市は、台風の上陸地です。

串間市立大納小学校

大納小学校跡は、現在も災害時の避難場所となっています。

串間市立大納小学校

恋ヶ浦には砂浜が広がっていますが、日南海岸は基本的にはリアス式海岸です。

串間市立大納小学校からみた大納集落

したがって、山地も迫っています。

串間市立大納小学校

大納地区は、農林山村全部の要素を兼ね備えているともいえます。

串間市立大納小学校 校舎

統合先の都井小学校への通学も、山越えとなります。

串間市立大納小学校 校舎

恋ヶ浦トンネルが開通した現在でも、子供の足だと1時間 30 分以上かかるはずです。

串間市立大納小学校

沿革

串間市立大納小学校
2000年(平成12年)休校 生徒は串間市立都井小学校へ編入
2016年(平成28年)串間市立都井小学校と統合 閉校
串間市立大納小学校

場所 宮崎県串間市大納 2607

関連記事

【関連記事】しあわせ448ハッピーロード フェニックスロードは日南で終わらない

【関連記事】解体間近?南九州の今見ておくべき閉校校舎5選

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景