CATEGORY

地域ブログ

住んでいるところ周辺のマイナースポットの近況です。 もし、訪れる予定がございましたら事前の情報収集にどうぞ。

永野金山 薩摩藩が財源としていた日本有数の金山遺構群

永野金山は、かつて鹿児島県薩摩郡さつま町にあった金鉱山です。数百年続いた金山ですが、1965年(昭和 40年)に閉山しています。木造遺構は少なくなりましたが、石造やコンクリート造の遺構はまだ残っています。しかし、山間にある遺構は、すべてを自力では特定できませんでした。

谷川内ダム そお街道で行くケーブルクレーン設置跡のあるダム

谷川内(たにかわうち)ダムは、鹿児島県曽於市財部町にある農業かんがい専用ダムです。非常用洪水吐からの越流が美しそうなダムです。右岸側にケーブルクレーンの設置跡が残されています。ダム湖へ入るスキがなく、釣りを楽しむのはムリそうなダムでした。

山田の凱旋門 国内では超珍しい現存する石造凱旋門

山田の凱旋門は、鹿児島県姶良市にある、国の登録有形文化財です。凱旋門といえばフランスのものが有名ですが、日本でも日露戦争後に多くの凱旋門が建てられました。しかし、現在も残る国内の凱旋門は数少なくなっています。石造の凱旋門を見ることができるのは、国内ではここだけになります。

旧福山小学校 裏山に残る戦国武将島津忠将の菩薩所・大安寺の遺構群

福山小学校は、霧島市福山町福山にある現役の公立小学校です。この記事は、移転前の旧福山小学校について書いています。旧校舎のみならず、福山郷御仮屋跡・肥後の名石工が築いた石組・大隅線跡から続く廃寺大安寺と、興味がある方にとっては、みるべき遺構が目白押しのスポットです。

弊立神宮 九州のへそ高天原に鎮座する最近注目の隠れ宮

弊立(へいたて)神宮は、熊本県上益城郡山都町にある神社です。夏目友人帳の聖地のひとつということで訪れてみましたが、お参りする方が多いのに少し驚きました。隠れ宮から一転し、最近は注目度の高いパワースポットとなっているようです。

霧島神宮駅 デザインは神宮感満載でも神宮まで歩いて1時間半

霧島神宮駅は、鹿児島県霧島市にあるJR九州日豊本線の駅です。同市牧園町の霧島温泉駅と名前は似ていますが、違う路線で直通列車はありません。駅名のとおり霧島神宮を意識したデザインです。しかし、霧島神宮までは約7kmあるので、バスかタクシーで向かうのが一般的です。

立磐神社 歴史を感じさせる美々津港の守護神

立磐神社は、宮崎県日向市美々津町にある神社です。社地は神武天皇が東征へお船出の際、戦勝と航海の安全を祈願した場所といわれています。西暦85年に創祀されたと伝えられ、境内には古い時代に納められた石碑や、苔むした岩がありその歴史を感じられます。

新留小学校 日立マクセルDVDのテレビCMで反響のあった学校

新留(にいどめ)小学校は、鹿児島県姶良市蒲生(かもう)町にある公立小学校です。2007年(平成19年)以来、休校しています。休校までの7日間をつづったCMが全国的に反響があったため、一度見てみたいと思っていました。あれから十数年経っていますが、小学校は健在でした。

船津ダム 霊台橋との新旧構造物の対比がみられるダム

船津ダムは、熊本県下益城郡美里町にあるダムです。長崎県にも同名のダムがありますが、この記事では熊本県の船津ダムについて書いています。緑川ダムの2km下流で水量の逆調整をしながら、その落差を利用して水量発電をしています。霊台橋という大きな石橋から、すぐ上流に船津ダムが見えています。

日向市駅 駅舎のデザインと周辺の景観が美しくマッチング

日向市駅は、宮崎県日向市にあるJR九州日豊本線の駅です。日向市の中心駅となり、全列車が停車します。2007年(平成19年)に建替えられた高架駅は、地元産の杉材を前面に押し出したデザインです。駅周辺も整備され、九州の地方都市とは思えない、美しい景観が広がっています。