家一郷山

家一郷山 2000年ごろ2chで話題となったかなりヤバイ集落

家一郷山(かいちごうやま)というのは、宮崎県日南市にある山です。

家一郷山

営林集落が広がっていたのは、宮崎市との市境付近でした。

鏡州小学校家一郷分校

家一郷山 周辺地図

家一郷山 (434m)周辺は国有林です。

家一郷山

1939年(昭和 14年)ごろから、燃料として自然林を伐採し針葉樹を植えるために、営林署の事務所が置かれました。

鏡州(かがみず)小学校家一郷(かいちごう)分校 閉校記念碑

事務所周辺には、営林集落が形成され、1953年(昭和28年)には分校もできました。

鏡州(かがみず)小学校家一郷(かいちごう)分校跡地は椿山キャンプ場の駐車場

宮崎市立鏡州(かがみず)小学校家一郷分校といいます。

鏡州(かがみず)小学校家一郷(かいちごう)分校跡地は椿山キャンプ場の駐車場

当時30名ほどの生徒がいました。

鏡州小学校家一郷分校跡地

事務所あたりには、営林署の自家発電で電気が引かれていました。

鏡州小学校家一郷分校 在りし日の写真
宮崎市アーカイブス みやざき市広報 248号 1964年7月号

それでも、半数の家には電気がなかったといいます。

鏡州小学校家一郷分校 在りし日の写真 宮崎市広報の閉校時の記事
宮崎市アーカイブス みやざき市広報 248号 1964年7月号

伐採と植林事業が終了すると、営林署の事務所はなくなります。

鏡州小学校 校章

1964年(昭和39年)には、家一郷分校も本校へ統合しています。

鏡州小学校家一郷分校 閉校記念碑

家一郷分校跡は、椿山キャンプ場の駐車場になっています。

鏡州小学校家一郷分校 歴代の先生

宮崎営林署家一郷事業所跡

椿山キャンプ場の案内標識

営林署一帯の営林集落跡は、のちに椿山キャンプ場となっています。

椿山キャンプ場 入口の橋

現在もキャンプ設備は残っていますが、残念なことに工事中で立入禁止になっていました。

椿山キャンプ場

昔ここには営林署関係者、約25家族(約80人)が住んでいました。

椿山キャンプ場の案内図

キャンプ場としてはかなり高規格だったのですが、実は2005年(平成17年)に閉鎖されています。

椿山キャンプ場下の加江田渓谷

最近は、フリースクール「自然楽校未来船」の花切山入り口教室として使われています。

椿山キャンプ場

営林署跡の石柱を見たかったのですが、今後は施設利用者以外は気軽に入らないほうがよいでしょう。

椿山キャンプ場下の加江田渓谷

家一郷山の集落

山仮屋隧道の石碑

2000年(平成12年)ごろ、2ch に「かなりヤバイ集落をみつけた」とするスレが立ちます。

家一郷林道の標識

スレ主は、宮崎市からサイクリングで、家一郷山深くに入り込みます。

家一郷林道

そこで、偶然に不思議な集落をみつけます。

家一郷へ行く途中の分かれ道

晴れ着が散乱していたり、卒塔婆がたくさん立つ場所があったり、誰かに見張られているような気がしたりと、不思議な体験をします。

家一郷へ行く途中の分岐点

そのミステリーを解き明かすため、何回か再訪しています。

家一郷山 宮崎自然休養林の石碑

なかなかスリリングな展開で、スレの住人は引き込まれてしまいました。

家一郷山 宮崎自然休養林の入山口

深夜に山奥の集落へ向かうなど、不自然な点もありますが、道中の描写が詳細なためリアリティもありました。

知る人ぞ知る伝説のスレッドとなり、20 年経過した現在もまとめサイトを賑わせています。

家一郷山 トロッコ軌道跡

確かに営林署跡からは、トロッコ軌道が山深くまで続いていました。

家一郷山 トロッコ軌道跡は通行止

現在は通行止めとなっていますが、トロッコ軌道跡は車道として使われていたこともあります。

家一郷山 トロッコ軌道跡

もっと山深くまで、自転車で行くこともできました。

家一郷山 加江田渓谷

そして家一郷地区には、営林集落ができる以前から、加江田渓谷沿いに人が住んでいたのは事実です。

家一郷山下行く途中の集落入口

しかし、ヤバイ集落の話は20年も前です。

家一郷林道の支線

実話だとしても、ヤバイ集落の住民はすでに80歳を超え、山道を歩くのは難しいはずです。

家一郷山 営林集落跡近くの林道

その間に検証する記事がなく、実話なのかネタなのかがあいまいなままになっています。

家一郷山 家一郷林道の支線

それがまた、ミステリー性を高める要素になっています。

家一郷山 林道にあったカラスウリ

東九州自動車道

椿山 東九州自動車道の建設工事現場

家一郷山への道中、東九州自動車道の工事をしていました。

椿山 東九州自動車道の建設工事現場

東九州自動車道は、まさに椿山を縦貫するルートになっていますが、そのほとんどはトンネルです。

家一郷山 東九州自動車道の建設工事現場

谷の部分を通る橋で、その一部を地上からみることができます。

家一郷山 東九州自動車道の建設工事現場

山深い家一郷山のふもとまで、現代文明が及んでいることがわかります。

家一郷山 東九州自動車道の建設工事現場

あと、清武南IC から志布志ICまでが開通すると、北九州市から鹿児島市まで、東周りの自動車道が全通します。

東九州自動車道の建設工事用仮設橋

場所 宮崎県宮崎市鏡州4343-1

関連記事

【関連記事】平和台公園 宮崎県屈指の観光地で心霊スポットとしても有名

【関連記事】久峯隧道 コツコツトンネルの異名で全国に知れ渡る心霊スポット

【関連記事】伊集院町麦生田のコンビニ跡 ネット上では鹿児島県の心霊スポット裏1位

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ