久久峯隧道 コツコツトンネル

久峯隧道 コツコツトンネルの異名で全国に知れ渡る心霊スポット

久峯隧道(ひさみねずいどう)というのは、宮崎市佐土原町にあるトンネルです。

久峯隧道 コツコツトンネル

一般の車道にあるトンネルですが、佐土原市街からほど近く、交通量の多いトンネルです。

スペック

久峯隧道近くの車道

久峯隧道は、1962年(昭和37年)に完成したトンネルです。

久峯隧道へ続く車道
全長79m
全幅5.6m
全高3.5m
久峯隧道 コツコツトンネル

幅が狭く中央線はありませんが、一般的な乗用車ならトンネル内で離合することができます。

久峯隧道 コツコツトンネル

ただし、歩道はありませんので、歩行者がいるときに無理に離合するのは危険です。

久峯隧道 コツコツトンネル

照明設備がないので、夜になると真っ暗になります。

久峯隧道 コツコツトンネル

なぜコツコツトンネルなのか?

久峯隧道 コツコツトンネル 入口

久峯道はコツコツトンネルとして、全国に知られる心霊スポットです。

久峯隧道 コツコツトンネル 入口

有名なエピソードは、車のクラクションと関係しています。

車のクラクションを3回鳴らすと、コツコツという靴音とともに女性の霊が近づいてくる。
車のクラクションを3回鳴らすと、車の窓ガラスをコツコツたたく霊が現れる。

これこそが、久峯隧道が通称コツコツトンネルとよばれる理由です。

久峯隧道 コツコツトンネル 入口

クラクション3回で発動

久峯隧道 コツコツトンネル 内部の落書き

過去に許されざる恋愛をしていたカップルの女性が、トンネルの近くに住んでいました。

久峯隧道 コツコツトンネル 内部の落書き

男性がやってくると、トンネルの中でクラクションを3回鳴らすのが合図でした。

久峯隧道 コツコツトンネル 内部

クラクションを開いた女性が、家から降りてきて密会していたといいます。

久峯隧道 コツコツトンネル 照明設備のないトンネル内部

ある日、面白半分にクラクションを3回鳴らした車がいました。

久峯隧道 コツコツトンネル 内部の落書き

女性は男性の合図と勘違いし、トンネルに入ったところ、発進した車に轢かれてしまいました。

久峯隧道 コツコツトンネル 内部の落書き

それ以来、車のクラクションを3回鳴らすと、女性の霊が現われるといいます。

久峯隧道 コツコツトンネル

さらに、その発動条件については仮設があります。

  • 白い車で行く
  • トンネルの中央付近に止める
  • エンジンを切る
  • ライトを消す

仮設は、以上の状態で車のクラクションを3回鳴らすと心霊現象が起きるというものです。

久峯隧道 コツコツトンネル

さらにささやかれるうわさ

久峯隧道 コツコツトンネル 内部

さらに、ささやかれているうわさがたくさんあります。

久峯隧道 コツコツトンネル 内部

トンネルを抜けると、車の窓に無数の手形がつき、洗っても消えない。

久峯隧道 コツコツトンネル 近くの車道

近くに防空壕、精神病院、火葬場跡、戦時中の死体置き場があった。

久峯隧道 コツコツトンネル 不法投棄監視カメラ設置を知らせる看板

そして極めつけは、すでにお祓いされているので、今は何も出ないというものです。

久峯隧道 コツコツトンネル 不法投棄監視カメラ

トンネルの中には、落書きがされていてそれなりの雰囲気があります。

久峯隧道 コツコツトンネル 不法投棄監視カメラ

ただし、本当にやばい場所には落書きはないという説もききます。

久峯隧道 コツコツトンネル 近くの車道

真偽はともかく、コツコツトンネルは宮崎県のミステリースポットととして今もうわさされ続けています。

場所 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂

関連記事

【関連記事】入来峠 雨の夜に何かが起こる?快走国道328号線

【関連記事】ペコちゃんハウス 全国的な知名度を誇るミステリースポット