TAG

艦これ

艦隊これくしょんの聖地関連記事です。

霧島神宮 いわずと知れた観光地で艦これ聖地

霧島神宮は、鹿児島県霧島市にある神社です。お正月3ヶ日には、30万人が訪れるという、南九州最大のパワースポットです。普段も参拝者が多く、観光地としても有名です。そして、戦艦「霧島」にちなんで、「艦これ」聖地のひとつとして数えられています。

里宮神社(市房山神宮下宮) 熊本県湯前町の郷社

里宮神社は、熊本県球磨郡湯前町にある神社です。地元では昔から縁結びの神さまとして知られています。市房山神宮の遥拝所(ようはいしょ)として創建した経緯から、市房山神宮下宮という位置づけになっています。日本遺産人吉球磨地域の構成文化財です。

アニメファン向け記事 まとめ

この記事では、2次元マニアの方向けの記事をまとめます。 アニメの聖地巡礼のことを「アニメツーリズム」というそうです。本人は普通の観光旅行より何倍も楽しいですけど、興味のない方は何が楽しいのかわからないはずです。 それが、アニメ聖地巡礼だと思います。

潮神社と賽神社 おっぱいの神と男の神

潮神社と賽神社は対外的にはマイナースポットです。ひそかな艦これ聖地でもあります。潮神社が女性の神様とするなら、賽神社は男性の神様といわれています。両方に参拝すると、夫婦円満、縁結びにご利益があるそうです。

一宮神社(市房山神宮中宮) 本宮造営時の山麓の仮殿

市房山神宮は市房山をご神体として、山中の本宮、山麓の中宮(一宮神社)、湯前町の下宮(里宮神社)の三社で構成されています。一宮神宮は市房山神宮の中宮という位置づけになります。「お嶽さん参り」のコースのひとつで、市房山神宮を目指す藩主や領民の、唯一の休憩場所として利用されていました。

市房山神宮本宮 市房山信仰の象徴

人吉球磨の最高峰が市房山になります。古来から人吉球磨の人々は市房山を信仰の対象としてきました。市房山のことを「お嶽さん」と呼び親しんでいました。市房山神宮が建立されたのは平安時代にさかのぼります。 市房山の中腹に社殿が建立されたのは807年のことでした。

軽巡洋艦球磨記念館 艦これ「球磨」の聖地

日本海軍の軽巡洋艦「球磨」の守護神は、里宮神社の本社となる市房山神宮から分祀されたものです。 多くに人に軽巡洋艦「球磨」のことを知ってもらうことが戦没者の供養になるとの思いから、境内に「軽巡洋艦球磨記念館」が設置されました。艦これの聖地としても知られています。