宮崎神宮 神門

宮崎神宮 宮崎市民おなじみのスポット・愛称は神武さま

宮崎神宮は、宮崎県宮崎市神宮にある神社です。

神武天皇をまつる神社で、その広大な敷地と立派な社殿が社格の高さを物語ります。

宮崎神宮

宮崎県民のよりどころで、初詣やお祭りの時はにぎやかになります。

しかし、普段は厳格な雰囲気があり、心静かにお参りすることができます。

経緯

神武天皇の東征以前から宮があった場所とされています。

宮崎神宮前 ロータリー

古くからの社地であり、歴代領主により大切にされてきました。

宮崎神宮 入り口

明治時代までは、神武天皇宮とよばれていました。

宮崎神宮 境内での禁止事項

明治時代に入り、宮崎神社と改称し、大正時代には宮崎神宮となります。

宮崎神宮前

神武天皇の最初の宮地であるという伝承から、全国に知られるようになっています。

宮崎神宮前の大木 ラクウショウ

地元の方の愛称は「神武さま」です。

ご祭神

主祭神

主祭神は、神日本磐余彦命(かむやまといわれびこのみこと)となります。

日本の初代天皇である神武天皇のことです。

宮崎神宮 紀元2600年記念祭の碑

相殿神

鵜蔦草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)

神武天皇の御父君のことです。

宮崎県の鵜戸神宮の主祭神となります。

宮崎神宮 参道

玉衣姫命(たまよりひめのみこと)

神武天皇の御母君のことです。

ご利益

神武天皇がご家族で祭神となっていることから、家内安全、夫婦和合、安産・子宝にご利益があるとされています。

宮崎神宮 参道の橋

また、神武天皇が東征されたことにちなんで、必勝祈願や合格祈願のご利益があるとされます。

境内

一の鳥居

神宮参道から入る、いわば宮崎神宮の正門です。

宮崎神宮 一の鳥居

鳥居の前には、ラクウショウの大木があります。

ラクウショウの大木

宮崎神宮西苑駐車場

車でご参拝の方は、社務所前駐車場か西苑駐車場に止めます。

宮崎神宮 社務所

どちらも、護国神社前交差点から境内に入ります。

宮崎神宮 案内図

二の鳥居

社務所から参道へ出たところにある鳥居のことです。

宮崎神宮 二の鳥居

参道へ行かずに、社務所から直進する道は、宮崎県総合博物館へ続いています。

手水舎

手水舎に水は流してありますが、貯めてありませんでした。

宮崎神宮 手水舎

新型コロナウイルス対策です。

宮崎神宮 手水

ひしゃくも潔く全廃され、なくなっています。

休憩所

神門の前にある建物です。

宮崎神宮 参拝者休憩所

神符守札授与所

お守りやお札を売っている建物のことです。

宮崎神宮 神符守札授与所
開所8:00
閉所10月~4月 17:00
5月~9月  18:00
神符守札授与所2

神門

拝所の前にある門です。

宮崎神宮 神門
開門5:30
閉門10月~4月17:30
5月~9月 18:30

神殿・拝所

拝所は、お参りをするところです。

宮崎神宮 拝所

拝所の奥に神殿が並びます。

宮崎神宮 神殿
開殿6:00
閉殿10月~4月 17:30
5月~9月 18:30

徴古館

1909年(明治42年) 本宮新築の際、宝物や書物などを陳列するため建てられた木造建築物です。

宮崎神宮 徴古館

外壁は「なまこかべ」とよばれる擬洋風の建物で、国の有形文化財となっています。

宮崎神宮 徴古館

陳列物は、宮崎県総合博物館に移され、中をみることはできません。

徴古館の説明板

慶応義塾大学の三田キャンパスにある、三田演説館と似た作りなのだそうです。

徴古館前の庭園

三田演説館も 国の重要文化財となっています。

場所 宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1

関連記事

【関連記事】都農神社 国道10号線沿いの大社・日向国一の宮と道の駅つの

【関連記事】住吉神社 全国の住吉三神の元宮は宮崎市にあった

【関連記事】江田神社 「神話の里宮崎」のなかでも全国レベルのパワースポット

【関連記事】青島神社 宮崎を代表する観光地

【関連記事】堀切峠 宮崎県日南海岸を代表する景勝地

【関連記事】鵜戸神宮 日南海岸の名勝・聖域感満載スポット

【関連記事】都井岬 野生馬と絶景が織りなす非日常を体感できる観光地

【関連記事】御崎神社 ソテツ自生地にある縁結びと海上安全・航海安全の神さま

【関連記事】都井岬の遺構群 60~70年代に加熱しすぎたトレンド