百済来川源流水 名水さくらの雫 桜の名勝とししおどし

名水さくらの雫は、熊本県八代市坂本町百済来上にある湧水地です。

鳥越峠

県道60号線を、八代市から芦北町に向って南下します。

八代市と芦北町は、鳥越峠が境界となります。

鳥越峠への上り坂に、湧水のタンクがみえます。

熊本県平成の名水100選

説明板によると、山の崩落を防ぐ目的で、地下水を抜き取るため45mボーリングをしたとあります。

湧水は干ばつでも枯れることなく、雨が降ってもにごらないそうです。

一帯に桜の木を350本植えてあります。

将来は桜の名勝地となりますので、この水を「名水さくらの雫」と名づけたということが書いてありました。

「名水さくらの雫」は、百済木川源流水とありますが、百済来川の水源よりさらに高いところにあります。

平成22年に熊本県平成の名水100選に選定されています。

ししおどし

入り口には、花見用?のベンチがありました。

その下には「ししおどし」が・・・

通常はこの状態です。

水がたまると、上部が重みで傾きます。

水を吐き出したあと、「コットン」といい音を立てて、通常の状態へ戻ります。

現地の案内板です。

名水は、どんどん流れだしています。

けっこうな水量が湧き出ているようです。

場所 熊本県八代市坂本町百済来上