赤崎小学校 個人的に復活を望む学校ベスト1

赤崎小学校は、かつて熊本県葦北郡津奈木町にあった、公立小学校です。

海に浮かぶ小学校として知られています。

海に浮かぶ小学校

赤崎小学校の敷地は、海岸沿いにあります。

校舎は、海にコンクリートの支柱を建てて、その上に建てられています。

その光景が、まるで海に浮かんでいるかのように見えます。

小学校時代には、廊下から釣りをしたり、休み時間になると海で泳いでいた生徒もいたそうです。

毎日学校へ行くのが、とても楽しそうです。

閉校となってしまったのは、非常に残念です。

赤尾島

赤崎小学校の向かいの島は、赤尾島とよばれています。

赤尾島は、裸島、弁天島、黒島とよばれる3つの島で構成されています。

潮が引くと陸続きになり、歩いて渡れるそうです。

ますます、楽しそうな学校です。

ギャラリー

見えてきました、赤尾島と赤崎小学校です。

校庭側からみると、海に浮かんでいるようにはみえません。

よく見る写真は、左下の防波堤から撮影したものだと思います。

堤防は、釣り客でいっぱいでした。

門柱の色づかいといい、通うのが楽しそうな学校です。

校庭は、誰でも使えるように開放してありました。

今日も数人の方がウォーキング中でした。

次回は干潮の時来て、渡ってみたいです。

校内に海岸があります。子供が泳がないわけがありません。

今まで見た、周年記念碑の中で群を抜いて最大です。

左隣の、校歌の碑と比較すると、大きさがわかると思います。

新校舎の落成記念も兼ねての碑とはいえ、巨大です。

記念碑は校舎の方を向いています。

体育館といい・・・

こちらの建物といい、学校というよりレジャー施設のような雰囲気です。

現在は、建物の方は使われていないようです。

確かに海に浮いています。

全教室がオーシャンビューになっています。

最近学校回りをしてきましたが、こんなロケーションの学校みたことありません。

復活を希望する小学校のナンバーワンです。

沿革

1874年(明治7年)創立
1893年(明治26年)赤崎尋常小学校へ改称
1938年(昭和13年)現在地へ移転
1941年(昭和16年)赤崎国民学校へ改称
1947年(昭和22年)津奈木村立赤崎小学校へ改称
1963年(昭和38年)津奈木町立赤崎小学校へ改称
1976年(昭和51年)現校舎落成
2010年(平成22年)津奈木町立繋小学校へ統合
閉校

場所 熊本県葦北郡津奈木町福浜165

関連記事

【人気記事】熊本県南部の美しい閉校木造校舎7選

【人気記事】ドラマや映画の撮影に使われた南九州のスポット

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景