人吉ループ橋

人吉ループ橋 心霊スポットと噂される加久藤峠改良の中心施設

人吉ループ橋というのは、熊本県人吉市の国道221号線にあるループ橋です。

人吉ループ橋

一部のマニアの間では、熊本県の心霊スポットとよばれています。

加久藤峠

人吉ループ橋

国道 221号線の、人吉市からえびの市へ至る区間にある峠を加久藤峠といいます。

人吉ループ橋 てんまはし

加久藤峠は自動車交通が発達するのに従い、重要なポイントになりました。

人吉ループ橋

しかし、昔からの馬車道を舗装した車道は、危険な山道で難所といわれていました。

人吉ループ橋

そのため、1966年(昭和41年)から改良工事が行われています。

人吉ループ橋を走るコンテナトレーラー

その最たる施設が、トンネルとループ橋です。

国道221号線 加久藤トンネル
加久藤トンネル
竣工年施設名
1972年(昭和47年)加久藤トンネル
1977年(昭和52年)人吉ループ橋
1979年(昭和54年)えびのループ橋(霧の大橋)
国道221号線 えびのループ橋(霧の大橋)
えびのループ橋

着工から14年かかって、国道221号線加久藤峠区間は改良をみています。

人吉ループ橋

かつては観光スポット

人吉ループ橋

一般国道221号線は九州自動車道の開通まで、宮崎・鹿児島から熊本・福岡向かう主要道路となります。

人吉ループ橋

人吉ループ橋は、竣工当時は「東洋一のループ橋」というキャッチフレーズで売り出していました。

人吉ループ橋

しばらくは、観光地として多くの人が訪れることになります。

人吉ループ橋 駐車場のトイレがあった場所

ループ橋のたもとの駐車場には、トイレが整備されていました。

人吉ループ橋 駐車場のトイレがあった場所

今となっては、木が成長してループ橋は見えませんが、竣工直後は駐車場からループ橋が見えていました。

人吉ループ橋 遊歩道

橋脚の下の遊歩道は、観光スポットだった名残りです。

人吉ループ橋 遊歩道

のちに九州自動車道が南北から延伸してきます。

人吉ループ橋

高速バスは、えびの IC~人吉IC間は、一般国道221号線を走っていました。

人吉ループ橋

そのため、ゴールデンウィークや盆正月になると、大渋滞がおこることもしばしばありました。

人吉ループ橋 橋脚下の遊歩道

九州自動車道の開通

人吉ループ橋 橋脚

人吉・えびの両IC間の九州自動車道開通は、1995年(平成7年)のことです。

人吉ループ橋

これにより、青森から鹿児島までが、高速道路でつながっています。

人吉ループ橋

しかし、一般国道である 221号線は交通量が急減します。

人吉ループ橋

高速道路開通前に沿線にあったお店も、半数以上が閉店しています。

人吉ループ橋

ループ橋も各地に建設され、珍しいものでもなくなりました。

人吉ループ橋

いつしか人吉ループ橋に観光目的で訪れる人は、ほとんどいなくなってしまいました。

人吉ループ橋

心霊スポット

人吉ループ橋

人吉ループ橋には、いつのころからか心霊スポットに数えられるようになっています。

人吉ループ橋

実は、具体的な霊の目撃情報は多くありません。

人吉ループ橋 駐車場のモニュメント

ただし、交通事故により転落して亡くなった方がいらっしゃるのは事実です。

人吉ループ橋

投身自殺があったという、うわさ話もききます。

人吉ループ橋

現在は、車の往来も少なくなり、夜間にはひっそりします。

人吉ループ橋

そして、一部のマニアの間では、心霊スポットとして定着しています。

人吉ループ橋

場所 熊本県人吉市大畑町

関連記事

【関連記事】大河平小学校 一族の血潮に染まる大河平ツツジが息づく学校

【関連記事】グリーンヒルズホテル 2020年に注目度が上がった宮崎の心霊スポット

【関連記事】ダルマの里 生駒高原に点在する日本一怪しい公園の置き土産

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ