ダルマの里 大ダルマ

ダルマの里 生駒高原に点在する日本一怪しい公園の置き土産

ダルマの里というのは、かつて宮崎県小林市にあったテーマパークです。

日本一怪しい公園ダルマの里の大ダルマ

キャラクターのインパクトが強く、そのからくり仕掛けにアイデアの詰まった公園でした。

日本一怪しい公園

日本一怪しい公園ダルマの里の看板

ダルマの里は、テーマパークとはいいますが、とても怪しげな公園でした。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

事実、日本一怪しい公園を自称していました。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

初代だるまの里は、「猿飛仙人村」としてオープンしています。

日本一怪しい公園ダルマの里 生駒高原から見る霧島連山

霧島連山北麓の生駒高原という観光地にあるのですが、初代ダルマの里は山の中であり、わかりにくい場所でした。

日本一怪しい公園ダルマの里 動物のオブジェ

そこで、宮崎県道1号線・通称「えびのスカイライン」沿いに移転しています。

日本一怪しい公園ダルマの里 「運」みこしダルマ

二代目だるまの里は、「七転び八起き村」と名乗ります。

日本一怪しい公園ダルマの里 「無」のダルマ

しかし、地下水組み上げポンプの故障により移転を余儀なくされます。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

3代目は、20年以上廃墟になっていたレストラン「オハイオ」を改装し、「ダルマの里」と称しました。

日本一怪しい公園ダルマの里 オブジェ

いずれもコンセプトは同じで、手造り感の強い変てこなオブジェがメインキャラクターでした。

1996年(平成8年)には、テレビ番組「探偵ナイトスクープ」で取り上げられています。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

雑誌などでも紹介されていて、九州南部ではそこそこ知られた公園でした。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

残念なことに、2004年(平成16年)に閉園しています。

日本一怪しい公園ダルマの里 星のオブジェ

現存する怪しいオブジェ

みやまどり苑

二代目、三代目のダルマの里は、残念ながら解体されてしまい、見ることができません。

みやまどり苑

ところが、一部のオブジェがすぐ近くの、「みやまどり苑」という飲食店で生き残っています。

みやまどり苑

「みやまどり苑」には、ダルマこそありませんが、ダルマの里と同じ作風のオブジェがたくさん並んでいます。

みやまどり苑 神話のオブジェ

それもそのはず、みやまどり苑はダルマの里のオーナーが経営していたお店です。

みやまどり苑 神話のオブジェ

現在は、当時の従業員さんが店を引き継いでいます。

みやまどり苑 オブジェ

オーナー

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

ダルマの里のオーナー、大城大さんは、だるまの里で著作物を出版されています。

アイデア商品で大成功を収めた青年がバブルに巻き込まれて倒産。差し押さえですべてを失い天国から地獄に転落。しかし、地獄に落ちて本当の幸福とは何かに気づいた青年は、「わたしはダルマ」と悟り、九州・生駒高原の片隅で手造り公園「だるまの里」をたった一人で作り始める。人々にニコニコと笑って楽しんでもらえる公園。それが「だるまの里」。ダルマのインスピレーションを受けて、珍妙な木登り豚やカッパ小便小僧、骨なし忍者などが誕生する。いつしかテレビの知るところとなり、…。波乱と笑いと感動のダルマの物語。
バブルで転んだダルマは、楽しく、明るく何度でも起き上がる。バブル崩壊による地獄から、一人で始めた「ダルマの里」で見つけた「人間の本当の幸福」とは何かを語る。
日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

そして、現在は京都市を拠点に、城たいが(じょうたいが)のペンネームで、詩画書作家として活動されています。

城たいが笑文字ギャラリー オープン♪

じゃらん 城たいが笑文字ギャラリー オープン♪

熱海に「城たいが笑文字ギャラリー」をオープンさせるなど、全国を股にかけてご活躍です。

城たいが作品

城たいがオンライン

なぜか、詩画書の作風は怪しくないのです。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

初代ダルマの里

日本一怪しい公園ダルマの里 猿飛仙人村の看板

実は、初代ダルマの里というか、当時の猿飛仙人村にもオブジェが残っています。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

ダルマたちは、山中にあったのが功を奏し、当時の面影を残していました。

日本一怪しい公園ダルマの里 ダルマのオブジェ

ただし、永年風雨にさらされ、ほとんどのオブジェは倒れて傷んでいます。

日本一怪しい公園ダルマの里 虹色豚のオブジェ

しかし、当時の記憶を思い起こすには十分な状態です。

日本一怪しい公園ダルマの里 人形のオブジェ

場所 宮崎県小林市南西方

日本一怪しい公園ダルマの里 船乗りのオブジェ

関連記事

【関連記事】御池(みいけ) 釣りとキャンプが楽しめるミステリアスな観光スポット

【関連記事】久峯隧道 コツコツトンネルの異名で全国に知れ渡る心霊スポット

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ