優しい顔の仏さまとひこうき雲

優しい顔の仏さま 仏教の町・川辺町の道端にたたずむ仏像

優しい顔の仏さまというのは、 鹿児島県南九州市にある石造仏像のことです。

優しい顔の仏さま

現時点では優しい顔の仏さまには、 ほとんど情報がありません。

優しい顔の仏さま

現地で何かわかることがあればと思い訪れてみました。

判明した情報

優しい顔の仏さま 前の道

近くに寺院はありません。

優しい顔の仏さま 前の道

昔からあるように見えますが、1999年(平成11年)の作品です。

優しい顔の仏さま 銘板

銘板によると作成者は 「 西忠治」さん です。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さま

周りに桜の木が植えてあり、 春はサクラの名所でしょう。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さま

なるほど、 お名前の通り優しい顔をしておられます。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さまとひこうき雲

なぜ仏さまが?

南九州市川辺町 優しい顔の仏さまとサクラの木

旧川辺町は鎌倉時代、いやもっと以前から仏教が栄えた地域です。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さまとサクラの木

1130年に川辺へやってきた平道房や、かつての地頭 ・川邉氏が仏教を広めたためです。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さまとサクラの木

清水摩崖仏を刻んだ、 平家の残党たちも加わり仏教が盛んでした。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さまとサクラの木

その名残は、現在も川辺仏壇にみられます。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さま

仏教の盛んな川辺だからこそ、 道端に大きな仏像があるのでしょう。

南九州市川辺町 優しい顔の仏さま

川辺仏壇

優しい顔の仏さま うしろ姿

川辺仏壇というのは、旧川辺町で製造される仏壇のことで、国の伝統工芸品です。

川辺仏壇協同組合
鹿児島県川辺仏壇協同組合

その特徴は、7つの工程をそれぞれの専門の職人集団が手掛ける完全分業制です。

1木地本体の木を組む
2彫刻木を彫り刻む
3宮殿内部の屋根・宮殿を造る
4金具金属部を加工する
5蒔絵絵や模様を描く
6塗り漆を塗る
7仕上金箔をはり仕上げる
不法投棄見ちょっど 南九州市の看板
ハートフル 老人クラブ 「取り調べ中」と書いた灯油ポリタンク

場所 鹿児島県南九州市川辺町永田

不法投棄見ちょっど 南九州市の看板
集落につき徐行 老人クラブの灯油ポリタンク

関連記事

【関連記事】田んぼアート in 南九州市 夏の間だけ現れる田部田の芸術作品

【関連記事】飯倉神社 境内に多数の古い石造物を擁する川辺郷の総鎮守

【関連記事】南薩競馬場 航空写真で確認できる川辺郡の競馬場跡

【関連記事】九州南部の珍スポットまとめ  B級スポットと穴場