TAG

鹿児島県

鹿児島県は日本本土の最南端にありながら、近世の日本を動かす人材を輩出しています。観光にも力を入れていて見どころ満載です。九州の中でも独特のイントネーションを持つ鹿児島弁の会話を聞くと、まるで異国にいるようです。

阿久根商店製麺工場 うどんの自販機が現役稼働する小湊のジョイフル

阿久根商店製麺工場自動販売機コーナーは、鹿児島県南さつま市にあります。その名称から、阿久根市にあると勘違いしがちです。この自動販売機コーナーには、九州でただひとつ、うどん・そばの自動販売機が生き残っています。そのレトロな存在感から、いまや遠くからも足を運ぶ人がいるマニアックなスポットです。

浜田小学校 浜田海水浴場からウミガメを見送っていた市立小学校

浜田小学校は、かつて鹿児島県鹿屋市にあった公立小学校です。 浜田小学校は、ウミガメ保護や観察の活動をすることで知られていました。ウミガメの卵を校内で孵化(ふか)させる過程を観察し、浜田海水浴場から子ガメを放流していました。残念なことに、2015 年(平成27年)に、鹿屋市立大姶良小学校と統合し閉校しています。

竹屋神社 神話の聖地にある焼酎の神さま

竹屋(たかや)神社は、鹿児島県南さつま市加世田にある神社です。 この地域に語り継がれる神話と深く結びつく古来からの聖域です。その祭神から別名、焼酎神社とよばれ、参道の上り旗はすべて地元の焼酎メーカのものになっています。焼酎の本場、鹿児島にある神話と焼酎の神さまです。

徳重神社 鹿児島の人たちが妙円寺詣りで目指す目的地

徳重神社は、鹿児島県日置市伊集院町にある神社です。伝説の戦国武将・島津義弘公をまつります。鹿児島内城の武士たちがはじめた「妙円寺詣り」は、現在も大勢の人が集まる伝統行事で、毎年 10月の第4土日曜日には、県内の大勢の人たちが徳重神社を目指します。