TAG

鹿児島県

鹿児島県は日本本土の最南端にありながら、近世の日本を動かす人材を輩出しています。 観光にも力を入れていて見どころ満載です。 九州の中でも独特のイントネーションを持つ鹿児島弁の会話を聞くと、まるで異国にいるようです。

吹上町立藤元小学校 伊作街道沿いの美しい洋館風校舎

藤元小学校は、かつて鹿児島県吹上町(現在の日置市)にあった公立小学校です。鹿児島県道22号谷山伊作線、通称「伊作街道」沿いに、SNS写真で映えそうな総2階建ての木造校舎が現存しています。映画のワンシーンで使われそうな白一色の塗装が、美しさを引き立てます。

涙橋 鹿児島の刑場へ向かう西南戦争血戦の地

涙橋は、鹿児島市南郡元町にある橋です。一見してどこにでもある普通の橋なのですが、歴史をさかのぼると近くの刑場と3度にわたる激戦で、多くの人が亡くなった場所です。そのためか、マニアの間では心霊現象のおきるスポットとして名高い橋となります。

手貫神社 文禄大くすが出迎える垂水郷の上之宮

手貫(たぬき)神社は、鹿児島垂水市にある神社です。地元では、上之宮(かんのみや)神社ともよばれ、山城国(現在の京都府南部)の、雄徳山八幡宮(石清水八幡宮)を勧請した武運の神さまです。鳥居の横の文禄大楠は、境内に入る前に目にすることになります。