北嶽日吉神社 猿にまつわる伝説の数々

祭神は農耕を司る神、大山昨神(おおやまいくんのかみ)です。

このあたりでは市房山神宮に次ぐ高神とされています。

古くから農業の神として崇めらられ親しまれてきました。

北嶽神社拝殿

狛猿

北嶽神社で特徴的なのは、お神使い(おつかい)がひひ(サル)ということです。

拝殿の前には「狛犬」ならぬ「狛猿」が鎮座しています。

狛猿老ひひ

向かって左側が「老ひひ」です。

狛猿母子ひひ

右側が「母子ひひ」です。

古来より神猿は「まさる」とよばれ、「魔去る」「勝る」に通じる縁起の良いものとされてきました。

このため、北嶽神社は「魔除け」「厄除け」「家業繁盛」「勝負の神」として信仰されています。

サルは親子の愛情が深く、お産が軽いうえ繁殖力もあるので、「子授け」「安産」「子育ての守護神」としても親しまれてもいます。

実際、神社周辺にはニホンザルが野生しており、道路沿いで目撃することがあります。

相良村周辺ではサルに関する逸話や伝説が多くあり、ニホンザルは最近居ついたものではなく、昔から神社周辺に生息していたことがうかがえます。

北嶽神社全景

伝説「狒(ひひ)のなみだ」

仇討ちやひひ退治の伝説で知られる、岩見重太郎という戦国時代の武将がいます。

北嶽神社は、この岩見重太郎が「ひひ」退治をしたところという伝説があります。

また、故小山勝清氏の著書「それからの武蔵」の中で、宮本武蔵が「ひひ」退治をしたところとして、北嶽神社を紹介しています。

北嶽神社のある相良村では、「狒のなみだ」という、ひひ(サル)の生まれ変わりの少女と、きこりの青年の恋の悲劇が伝説として残っています。

北嶽神社は毎年9月23日が秋の大祭ですが、この伝説に由来する「ひひ舞」が奉納されます。

さがら伝説 ひひのなみだ
相良村要覧資料2011

北嶽神社の歴史

西暦時代沿革
810年平安時代北嶽日吉神社創建
1513年室町時代相良長毎公が再興
1690年江戸時代相良頼喬公が社殿造営
1894年明治27年3月29日社殿焼失
相良村晴山地区氏子により再興
1985年昭和60年社殿大改築
1991年平成3年9月27日台風19号により社殿倒壊
1992年平成4年 相良村晴山地区氏子により再興

総本山は日本最古の神社といわれる、滋賀県大津市の日吉大社です。

場所 熊本県球磨郡相良村大字四浦1598

標高は645m、人里を離れ少し山深いところにあります

北嶽神社 駐車場

参道の入り口までは、2車線の林道が整備されています。

北嶽神社 鳥居

鳥居下の駐車場から神社へ行くには、参道を少し歩くことになります。

北嶽神社参道

関連記事

【関連記事】受験シーズン前に参拝しよう 人吉球磨の合格祈願スポット12選

【関連記事】人吉・球磨で病気に対しご利益があるスポット14選

【関連記事】人吉・球磨の健康祈願スポット10選

【関連記事】人吉・球磨の子授け・子宝スポット8選

【関連記事】人吉・球磨で宿泊先をさがす 予算編

【関連記事】人吉・球磨で泊まるところをさがす 立地編