神瀬住吉神社 球磨村高音の航海・交通安全の神

ご祭神は住吉三神、底筒男命、中筒男命、上筒男命となります。

地元では航海の神、交通安全の神として尊崇されてきました。

神瀬(こうのせ)という地名の由来

神瀬住吉神社は神瀬(こうのせ)という地区にあります。

806年創設で、約1,200年の歴史があります。

もともとは球磨川の支流である、川内川と球磨川の合流地点にあったといいます。

ある日、大洪水で神社ごと流出してしまいました。

後に、球磨川の瀬で夜奇光を放つ物体がみつかりました。

それが、流出した神社のご神体だったといいます。

ご神体を祀るため、社殿を造営し奉祀したのが現在の住吉神社となっています。

神瀬という地名は、このことに由来するといわれています。

特徴

神瀬住吉神社は、航海や交通安全の神として、球磨川を行き来する藩主や船頭たちの信仰を集めた神社です。

道路や橋が整備されていない時代は、荷物は球磨川を利用し舟で運び、対岸には船で渡っていました。

灯台型の灯篭がこの表れであるといいます。

歴史

棟束には社殿の歴史が書かれています。

1264年〜1274年文永年中再興
1496年明応5年再興
1533年天文2年本殿造営
1684年貞享元年拝殿造営
1699年元禄12年修造

文化的価値

神瀬住吉神社は「球磨郡神社記」の記録からも、本殿、拝殿ともに1600年代後半ころのものとわかっています。

当初は茅葺の建物であったと推測され、のちに瓦葺きに改造されています。

刻まれた銘文から鳥居は1744年に建立されたものとみられます。

鳥居の額束の住吉神社の文字は、相良33代藩主頼之の書となります。

横幅が広い額束は特徴的なものです。

建物は当初の状態が保たれていて、細長い拝殿や覆屋に特徴があり、鳥居とともに人吉球磨の地方色を表しているといわれています。

1998年(平成10年)建造物は県の重要文化財に指定されています。

2015年(平成27年)日本遺産人吉球磨の構成文化財1番となっています。

場所 熊本県球磨郡球磨村神瀬乙4