溝ノ口洞穴

溝ノ口洞穴 自然が造った神秘のパワースポット

溝ノ口洞穴(みぞのくちどうけつ)は、鹿児島県曽於市にある洞穴です。

溝ノ口洞穴

その神秘的な雰囲気から、パワースポットとして注目されているスポットです。

ミステリースピリチュアルスポット

溝ノ口洞穴 駐車場

駐車場から洞穴へ向かうと、鳥居が建てられています。

溝ノ口洞穴 岩穴観音像

さらに入口には、岩穴観音像が置かれています。

溝ノ口洞穴 岩穴観音像 建立由来の碑文

周囲の雰囲気も神秘的で、パワースポット感満載です。

溝ノ口洞穴 鳥居

人は常駐していませんが、明るいうちは思いのほか人が訪れます。

溝ノ口洞穴

ただし、暗くなってから訪れる場所ではなさそうです。

溝ノ口洞穴

洞穴の大きさは?

溝ノ口洞穴 鳥居

入口の横幅は14.6メートル、高さ6.4メートルです。

溝ノ口洞穴 鳥居

全長は209.5メートルもあります。

溝ノ口洞穴 懐中電灯

洞穴の奥は真っ暗ですが、入り口に懐中電灯が常備されています。

溝ノ口洞穴

奥へ進むと、ほぼ入口の広さのまま数十メートル続きます。

溝ノ口洞穴

ただし、高さはすこすづつ低くなってきます。

溝ノ口洞穴

さらに奥へ進めそうですが、100mも進まないうちに、崩落の危険があり立入禁止となっています。

溝ノ口洞穴 入口

どうやってできたの?

溝ノ口洞穴

溝ノ口洞穴は、自然の産物です。

溝ノ口洞穴 説明板

約2万9千年前に、姶良カルデラの大噴火で、シラスが溝ノ口川の谷に堆積しました。

溝ノ口洞穴

火砕流堆積物は、温度が下がるときに溶結凝灰岩という岩になります。

溝ノ口洞穴

溶結凝灰岩は、強溶結だと浸食されにくく、非溶結だと浸食されやすい特徴があります。

溝ノ口洞穴

永い年月をかけて地下水が岩をほんの少しずつ浸食し、溝ノ口洞穴を造り出しています。

溝ノ口洞穴 地下水

洞穴内では、縄文時代の人の生活跡が見つかっていて、約2000年前には洞穴ができあがっていたことがわかります。

溝ノ口洞穴 鳥居

溝ノ口洞穴への行き方

溝ノ口洞穴 案内板

溝ノ口洞穴は、鹿児島県曽於市と宮崎県都城市の県境付近の山中です。

溝ノ口洞穴 案内板

道中の道路はそれほど広いわけではありませんが、要所要所に案内板があります。

溝ノ口洞穴 案内板

近くまで行けば、道に迷うことはないでしょう。

溝ノ口洞穴 案内板

これだけ案内板があれば、人に道を尋ねる必要はありません。

溝ノ口洞穴 案内板

場所 鹿児島県曽於市財部町下財部

関連記事

【関連記事】関之尾滝 落差18mの大滝と世界一の甌穴群

【関連記事】桐原の滝 大川原峡キャンプ場のすぐ下流にある滝

【関連記事】日向国神名帳令和版 神話の里・宮崎の神社一覧表

【関連記事】大隅国・薩摩国神名帳令和版 鹿児島県の神社一覧表