雄川の滝 エメラルドグリーンの美しい滝つぼ

雄川の滝は、鹿児島県南大隅町を流れる雄川(おがわ)の上流にある滝です。

雄川の滝

青みがかった緑色の滝つぼを持つ、美しい大人気スポットです。

滝つぼ

目を引くのはなんといっても色です。

雄川の滝

エメラルドグリーンとは、まさにこの滝つぼの色のことです。

雄川の滝

次にその壮大さです。

雄川の滝

落差46mで幅が60mもあります。

なぜ青いのか?

滝つぼの色が青いのは、水が青いからではありません。

雄川の滝のおがわ

下流で見た雄川の水は無色透明です。

緑色に見える水

通常、川が深くなると、深いところはほぼ緑色に見えます。

雄川の滝 上流部

川底の砂が黒色だと、光を吸収し緑色に見えるからです。

雄川の清流

雄川の場合、川底が白砂であるため光を反射します。

雄川の清流

すると青色に近い色に見えるのです。

アクアベースカフェ

雄川の滝の駐車場までは案内標識がいくつも設置されています。

雄川の滝 アクアベースカフェ

カーナビに入れるときは、「aqua base café」を目的地にします。

雄川の滝 アクアベースカフェ

アクアベースカフェは、雄川の滝遊歩道の入口にあるお店です。

雄川の滝 アクアベースカフェ

コンテナをリメークした建物で、お土産も販売しています。

瀧見遊歩道

雄川の滝 瀧見遊歩道入口

滝つぼへ行くには、下流の駐車場から1,200mの遊歩道を歩く必要があります。

雄川の滝 瀧見遊歩道入口

2016年(平成28年度)に訪れた時は、整備工事をしていて滝つぼまで行けませんでした。

雄川の滝 瀧見遊歩道

遊歩道は、コンクリート敷になっています。

雄川の滝 瀧見遊歩道

しかし、上りもあれば下りもあります。

雄川の滝 瀧見遊歩道

普通に歩いて滝つぼまで20分くらいかかります。

雄川の滝 瀧見遊歩道入口
大雨の後など冠水の恐れがあり

大雨の後は、遊歩道が冠水することがあります。

集落跡

雄川の滝 集落跡

駐車場から遊歩道に入ると、すぐ集落跡があります。

雄川の滝 集落跡

1966年(昭和41年)まであった、牛牧集落です。

雄川の滝 集落跡

水害に遭い、全世帯が高いところに移転しています。

雄川の滝 集落跡

建物こそありませんが、整地された区画が残っています。

龍見大橋

雄川の滝 龍見大橋

瀧見大橋というのは、渓谷にかかる肝付グリーン道路の大きな橋です。

雄川の滝 龍見大橋

高さは約80m、長さは 150mです。

雄川の滝 龍見大橋

遊歩道の真上をまたいでいます。

清流のほとり

雄川の滝 清流のほとり

清流のほとりというのは、遊歩道の途中にある休憩スペースのことです。

雄川の滝 清流のほとり

名前の通り、清流のほとりでひと休みするのにいいスペースです。

雄川の滝 清流のほとり

滝つぼ展望所

これも文字通り、滝つぼをながめる展望所です。

雄川の滝 砂州

下の砂州に降りたいところですが、これより先は立入禁止です。

雄川の滝

滝つぼで泳ぐことはできません。

雄川の滝

とても美しい滝なのですが、2000年(平成12年)までは遊歩道はありませんでした。

雄川の滝

地元の人でも訪れることの少ない秘境スポットだったのです。

雄川の滝

現在は、遊歩道と展望所のおかげで、安全に滝つぼを見ることができます。

雄川の滝上流展望所

雄川の滝上流展望所

上流側から雄川の滝を見る展望所もあります。

雄川の滝上流展望所

駐車場から、あまり歩かなくても展望所にたどりつきます。

雄川の滝上流展望所

しかし、滝つぼが遠くにしか見えないので、滝つぼ展望所の方がおススメです。

場所 雄川の滝 遊歩道入口 駐車場

鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北

関連記事

【関連記事】佐多岬 本土最南端へ至る佐多岬ロードパーク

【関連記事】【超定番】 鹿児島のおいしい食べ物と飲み物