権現谷ラムネ鉱泉 夏目友人帳ファンの間で知られるマイナースポット

地元では「ラムネ水」と呼ばれている炭酸の鉱泉です。

ほのかな炭酸水が湧く泉源のことです。

鉱泉

その昔、大木川の下流で水を飲んだ修行僧が「上流に薬水があるに違いない」と言ったことから、ラムネ水が発見されたといわれています。

この地域では、昔から薬効があると飲用や浴用に利用していました。

昭和30年代、泉源のすぐ上流に小さな砂防ダムが造られています。

砂防ダムは泉源を探すときの目印になります。

湧水は近くのコンクリート水槽までパイプで引かれています。

泉源は川より少し高いところにあります。

崖を登りたくない人はコンクリート水槽の水も同じ水質なので、そちらをご利用ください。

いかにも鉄分が含まれていそうな色です。

玉詰めビンに入った炭酸飲料のラムネをイメージしていた方は、びっくりすると思います。

甘みはないし、炭酸もほのかに感じる程度です。

ミネラルや鉄分が豊富な感はあり、薬としての効能はありそうです。

夏目友人帳の聖地

一般的にはマイナースポットですが、夏目友人帳の聖地としては有名です。

4期 第13話 「遠き家路」 で、夏目が友人たちと向かった場所のモデルといわれています。

ラムネ水だけではなく、泉源へ行くまでの道もアニメで登場しています。

分かれ道のシーン。

迷わず川沿い(右側)を進んでください。

道沿いの用水施設です。

どこにあるの?

権現谷に行きたいといっても、地元の人でないとわからないマイナースポットです。

カーナビでもムリかもしれません。

グーグルマップだと白髪岳登山道へ誘導され、たどり着けませんでした。

入り口の目印は養蚕施設のトイレ

入り口は県道43号線にある、白髪岳登山口入り口近くのトイレです。

目印のトイレは、ひと昔前農協の蚕の飼育施設のあったところにあります。

養蚕の神様でしょうか?

碑文をみると、ここらへんが球磨郡の養蚕の発祥地のようです。

トイレの横に案内板があります。参考になりますけどアバウトです。

案内板の向かい側がラムネ水への入り口です。

未舗装道路

直進すると未舗装道路になります。

案内の標柱によるとあと0.9㎞でラムネ水です。

夏目友人帳のシーンでも登場しましたが、分岐があります。

案内板はありませんが、右側の川沿いを進みます。

この先ラムネ水までUターン場所や駐車場がありません。

私は、ここに車を駐車しました。

あまりいい道ではありませんが、轍からみると交通量はあるみたいです。

この橋の先に砂防ダムがあります。

冒頭書いたように、砂防ダムが目印です。

橋の先に泉源があります。右下にコンクリート水槽がみえています。

未舗装道路になってからは、案内表示がみあたらず、GPS頼りでした。

おまけ

昔使っていた農業用水路の遺跡がありました。

砂防ダムあたりからポンプアップしていたみたいです。

水路はコンクリート製でした。

水路橋の橋脚は浸食で崩れそうでした。

この下流にポンプ施設ができたので、放棄されたのだと思います。

場所 熊本県球磨郡あさぎり町上西

【関連記事】聖地巡礼その6 中球磨へ あさぎり駅から錦町コース

【関連記事】夏目友人帳聖地 効率的な巡礼コースを考えてみた

【関連記事】夏目友人帳聖地 まとめ

【関連記事】夏目友人帳アニメ 動画配信ならU-NEXT最強説

【人気記事】夏目友人帳グッズをながめて、おすすめの正規品をセレクト

【人気記事】ニャンコ先生 大量の物販アイテムをみてきたのでシェア