田野小学校 高原リゾートのオーラ

田野小学校は、かつて人吉市田野町にあった公立小学校です。

久七峠

田野町は、人吉市南西部に広がる田野高原に広がる町です。

少し鹿児島県よりに進むと、久七(きゅうしち)峠となります。

久七峠は、かつて人吉藩と薩摩藩の国境でした。

現在の県境は、久七峠より人吉側に600mほど、下ったところになっています。

薩摩大口の「久七」という爺さんが、少しづつ県境を人吉側に動かしたという説があり、峠の名前の由来となっています。

人吉藩と薩摩藩との力関係で、境界が決まったという説もあります。

実際のところは、何が真実なのか定かではないようです。

久七トンネル

その久七峠ですが、2004年(平成16年)にトンネルが開通しました。

人吉~大口間は15分の走行時間短縮が図られました。

トンネルの効果はそれに止まらず、積雪や倒木や崩土による通行止めがなくなります。

そして、なんといっても走りやすくなり、通行量も増加しているようです。

ただし、デメリットもあります。

田野町はトンネルより高いところにあり、車が通らなくなってしまいました。

田野高原といっても、主産業は農林業なのですが、観光業や商業もあります。

風景は高原のリゾート地を想起させます。

田野小学校跡は、標高680mだそうです。

となりには、田野テニスコートがあります。

オムニコートが4面も用意されています。

ギャラリー

リゾートホテルに向かっているような感じです。

観光客誘致をしようとはしているようです。

校門から見ると、小さな学校に見えます。

プールもこじんまりしています。

しかし、校庭はやけに広いです。

校門から見た印象と違い、それなりの規模の学校でした。

大塚小学校の分校だったのに、大塚小学校より大規模です。

敷地は校庭より先にもありました。

遊具のあるところも、学校の敷地だと思います。

校庭にある、かまどと水道です。

玄関前にあった、ピザ釜?リゾート感のある小学校でした。

教育環境としては、すばらしいと思います。

吉田学校【Revitalization of Japanese Regions】

沿革

1890年(明治23年)西瀬尋常小学校田野分教場として創立
1915年(大正14年)西瀬尋常高等小学校田野分教場へ改称
1941年(昭和16年)球磨郡西瀬国民学校田野分教場へ改称
1942年(昭和17年)人吉市立西瀬国民学校田野分教場へ改称
1947年(昭和22年)人吉市立大塚小学校田野分校へ改称
2002年(平成14年)人吉市立田野小学校として独立
2011年(平成23年)人吉市立大塚小学校を統合
2014年(平成26年)人吉市立東間小学校へ統合し閉校

場所  熊本県人吉市田野町3316-4

関連記事

【人気記事】解体間近?南九州の今見ておくべき閉校校舎5選

【人気記事】熊本県南部の美しい閉校木造校舎7選

【人気記事】ドラマや映画の撮影に使われた南九州のスポット

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景