鳥田町小学校 大イチョウの学校

鳥田町(とりだまち)小学校は、かつて宮崎県小林市にあった公立小学校です。

村の中にある町

鳥田町小学校のある須木地区は、小林市と合併する、2006年(平成18年)までは、須木村というひとつの自治体でした。

鳥田町は、須木村の中の一地区です。

表記上は、宮崎県西諸県郡須木村鳥田町となっていました。

村の中にある町だったのです。

大イチョウ

校舎の前には、樹齢100年を超える大イチョウがそびえ立ちます。

須木地区で観光名所となるほどの大木です。

もちろん、現役の小学校であったときから鳥田町小学校のシンボルでした。

推定樹齢より考えると、小学校創立時に植樹したものかもしれません。

秋になると、黄色のじゅうたんが敷かれたようになるそうです。

秋に訪れるときっときれいだったのでしょう。

ギャラリー

吉田学校【Revitalization of Japanese Regions】

沿革

1890年(明治23年)鳥田町小学校創立
1941年(昭和16年)堂屋敷分教場を設置
鳥田町国民学校へ改称
1947年(昭和22年)須木村立鳥田町小学校へ改称
1970年(昭和45年)堂屋敷分校を閉校
2006年(平成18年)小林市立鳥田町小学校へ改称
2010年(平成22年)休校
児童は小林市立須木小学校へ編入
2013年(平成25年)閉校

場所 宮崎県小林市大字須木鳥田町3181

関連記事

【人気記事】解体間近?南九州の今見ておくべき閉校校舎5選

【人気記事】熊本県南部の美しい閉校木造校舎7選

【人気記事】ドラマや映画の撮影に使われた南九州のスポット

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景