羽島崎神社

羽島崎神社 串木野のゴンザ神社と太郎太郎祭り

羽島崎(はしまざき)神社は、鹿児島県いちき串木野市にある神社です。

羽島崎神社

日本で唯一ゴンザをご祭神とする、ゴンザ神社という境内社を擁します。

ご祭神

羽島崎神社 鳥居
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 少彦名命(すくなひこなのみこと)
羽島崎神社 鳥居

大己貴命は少彦名命と協力して、国造りをした神さまです。

羽島崎神社 参道

また商売、医薬、酒造の神さまとししても知られています。

羽島崎神社 参道

ご利益

羽島崎神社
  • 福徳開運
  • 五穀成就
  • 漁業満足
  • 航海安全
  • 酒造
  • 厄除
  • 縁結び安産
羽島崎神社 境内社の菅原神社

境内神社の「菅原神社」と「ゴンザ神社」は学問の神さまです。

羽島崎神社 境内社の菅原神社

ゴンザとは?

羽島崎神社 ゴンザ像

ゴンザというのは、漁師の息子で船乗りです。

羽島崎神社 ゴンザの石碑

1728年、薩摩藩の命令で、大阪へ向けて出港します。

ゴンザ神社

しかし、船は嵐に遭いロシア領のカムチャッカに漂着しました。

ゴンザ神社

乗組員17名のうち助かったのは、ゴンザ(当時11才)とソウザ(当時35才)の2名だけでした。

羽島崎神社 手水舎

2人は2年間は奴隷のような生活でしたが、シベリア大陸を横断しモスクワへ到達します。

羽島崎神社 拝殿

そこで、アンナヨアノヴナ女帝と会うことになります。

羽島崎神社 社殿内

ゴンザは女帝の質問に対し、すべてロシア語で答えたといいます。

羽島崎神社 拝殿

女帝は驚き、ゴンザに科学アカデミーで日本語を教えるよう任命しています。

羽島崎神社 本殿

残念なことに、ソウザは翌年亡くなっています。

羽島崎神社 本殿

ソウザは12,000語におよぶ世界初の露和辞典を、わずか3年の間にまとめあげています。

ちなみにゴンザがいたサンクトペテルブルグ大学は、このあたりです。

ゴンザの出身地は羽島?

ゴンザ像

ゴンザは享年 21才、ソウザは享年 42才で、故郷に帰ることはないまま亡くなっています。

ゴンザ神社 シーサー

実は、ゴンザの露和辞典の日本語はすべて薩摩弁です。

ゴンザの由来

厳密にいえば、露薩辞典でした。

ゴンザの由来碑

その薩摩弁の特徴から、ゴンザは旧串木野市で生まれ育ったことがわかっています。

ゴンザの 11歳~21歳の軌跡

ゴンザの本名は「権左衛門」、ソウザは「早左衛門」であったのではないかといわれています。

羽島崎神社 境内

実はゴンザが知られるようになったのは、サンクトペテルブルグ大学の博物館の資料からです。

羽島崎神社の海岸 南さつま市方向の展望

鹿児島県でも数十年前まで、ゴンザのことはほとんど知られていませんでした。

羽島崎神社の海岸 薩摩川内市方向の展望

ゴンザ神社は、260年振りにロシアから故郷に、ゴンザの御霊を迎えた神社なのです。

羽島崎神社の海岸 羽島中と薩摩藩英国留学生記念館方向の展望

太郎太郎祭り

羽島崎神社 狛犬

太郎太郎祭りというのは、豊漁と豊作を祈願する、羽島崎神社の春祭りです。

羽島崎神社 狛犬

地域に伝わる伝統行事です。

羽島崎神社の由来および祭りについて

豊漁を願うイベントは「船持ち」とよばれ、豊作を願うイベントは「田打ち」といいます。

羽島崎神社 社務所

両方を同時に行う、県内でも珍しい例大祭です。

羽島崎神社

「五つの祝い」といって、地域の5才になる子らによって奉納されます。

羽島崎神社 太郎太郎祭りの標柱

旧暦2月4日に行われていましたが、最近はそれに近い日曜日に開催されます。

願いの鐘

羽島崎神社 願いの鐘

願いの鐘は、3つ打ちます。

羽島崎神社 願いの鐘

ひとつは、過去不幸消滅、敬神祈願のためなり

羽島崎神社 願いの鐘

ひとつは、現在諸願成就、家内安全のためなり

羽島崎神社 願いの鐘の説明

ひとつは、未来福徳円満、成功成就のためなり

羽島崎神社の海岸 いちき串木野市方向の展望

萬造寺斎の生誕地

羽島崎神社 境内

萬造寺斎(まんぞうじひとし)というのは、羽島出身の歌人です。

羽島崎神社 社務所

東京帝国大学(現在の東京大学)英文科に在学中、与謝野晶子の夫・鉄幹の弟子となります。

羽島崎神社 萬造寺斎望郷歌碑の説明板

文芸誌「明星」が廃刊したのを受けて、森鴎外らと「すばる」を刊行しています。

萬造寺斎望郷歌碑

石川啄木、高村光太郎、北原白秋など多くの歌人・詩人と交流がありました。

萬造寺斎望郷歌碑

望郷碑には3つの歌が刻まれています。

  •  行かまほし悩みいたづき振りすてて
       南の海辺とおきふるさと
  •  ふるさとや海のひびきも遠き世の
       こだまの如し若き日思へば
  •  ふるさとの浜の砂原小石原生きて
      ふたたび踏まむ日なきか
羽島崎神社の海岸の道

場所 鹿児島県いちき串木野市羽島5944

関連記事

【関連記事】市来神社 お守りはJFA公認!サッカーの神さま

【関連記事】照島神社 数多くの伝説が残る観光地照島にある神社

【関連記事】大隅国・薩摩国神名帳令和版 鹿児島県の神社一覧表