小串トンネル

小串トンネル 子供たちが楽しく遊び笑う肝付町の心霊スポット

小串(こぐし)トンネルは、鹿児島県肝付町にあるトンネルです。

一見すると普通のトンネルなのですが、地元の人が恐れる心霊スポットといわれています。

肝付町の幹線道路

国道448号線は、旧高山町と旧内之浦町を結ぶ海岸沿いの道路です。

2005年(平成17年)に両町は合併し、現在は肝付町となっています。

両町は国見山で隔てられ、歴史的には別の地域として発展してきました。

2003年(平成15年)に、国見トンネルが開通したことで、時間的な距離は近づいています。

その一方で、国道448号線の小串トンネル区間は通行量が激減しています。

心霊現象

小串トンネルにまつわる心霊現象は以下のようなものです。

  • 何人かの子供の笑い声が聞こえるが、振り返ると誰もいない
  • トンネル内を車で走行中すると、どこからともなく笑い声がきこえる
  • トンネルの壁に人の形をしたシミがある
  • 人形のシミを見ると「グシャ」といういやな音がトンネル内に響く

慰霊の旅路

小説投稿サイトに、小串トンネルを題材にした小説があります。

雨雲模様さんの、「慰霊の旅路~修行編~」という小説です。

見習い霊能力者の銀河侑人が、全国の心霊スポットで除霊技術を磨いていくストーリーになっています。

小串トンネルが登場するのは第8話です。

フィクションだとは思いますが、描写がリアルなのでノンフィクションとも取れます。

その中では、小串トンネルの心霊現象は、過去に起こった痛ましい自動車事故が原因とされています。

スペック

名称小串(こぐし)トンネル
延長180m
竣工1980年(昭和55年)6月30日
発注者鹿児島県
施工小牧建設株式会社

トンネル内は2車線あり普通に離合できますが、追い越しは禁止です。

場所 鹿児島県肝属郡肝付町北方

関連記事

【関連記事】切小田の墓地近くの雑木林 大和朝廷に最後まで反抗した隼人たちの首塚

【関連記事】旧矢立隧道 封印された宮崎県トップクラスの心霊スポット

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ