幸田小学校国見分校跡の碑

幸田小学校国見分校 平成時代まで住人がいた廃村国見の学校

国見分校は、かつて旧栗野町(現在の湧水町)にあった、幸田(こうだ)小学校の分校です。

幸田小学校国見分校跡碑

国見分校を語るには、同時に国見集落を語らずにはいられません。

国見金山

鹿児島県湧水町 国見集落

旧横川町からさつま町にかけては、山ケ野金山と永野金山が栄えたことで知られます。

国見金山跡の看板

山ケ野金山や永野金山から、さらに山奥にあった鉱脈が国見金山です。

国見集落 防火水槽の表示板

国見金山は、現在でいうと湧水町の町域になります。

国見集落の電柱

1642年に幕府から採鉱が許可されています。

国見集落の残る住居跡

しかし、その年に突然休止命令がでて開発が中断されています。

国見集落 上水道のパイプ

1656年に開発をを再開し、2~3年後から本格的に採鉱がはじまりました。

国見集落 残された自転車

国見金山に住んだのは、豊後国(現在の大分県)から招かれた技術者たちでした。

国見集落 住居跡の石垣

金山開発が中断された13年間に、石垣を築き、集落を形成して採鉱に備えたと推測されています。

幸田の棚田

幸田の棚田もこの13年の間に拓かれたものと考えられています。

国見集落 住宅の五右衛門ぶろ跡

国見集落

国見集落 T字路

幸田から峠を下ると、永野に下る道と国見川を登る分岐に差し掛かります。

国見集落 T字路

このT字路が国見集落の中心地です。

国見集落 住居跡の石垣

1916年(大正5年)に、近代化のため採鉱は永野金山に集約され、国見金山は閉鎖されました。

国見集落 国見金山の看板

このとき、国見集落には30数戸の住宅があり、閉山後も集落は維持されてきました。

国見集落 残された住宅

しかし、高度成長期になると、山間の小集落を過疎化の波が襲います。

国見集落 残された住宅

平成時代には超限界集落となっています。

国見集落 倒壊した住宅

現在はお住まいの方は1人もいない、いわゆる廃村です。

国見集落 最後の住人がいた住宅

まだ住めそうな住宅が1軒だけ残っています。

国見集落 最後まで住人がいた住宅

実は2010年代まで、1世帯だけ住民がいらっしゃいました。

国見集落 最後まで住人がいた住宅

しかし、拝見した感じでは、もう数年はお留守のようです。

国見集落 住宅の屋根と柿の木

国見小学校

幸田小学校国見分校の擁壁

国見小学校があったのは、集落の中心のT字路から少し北寄りの高台です。

幸田小学校国見分校跡のぼり口

道沿いの上り口に標柱が建てられているので、一目瞭然です。

幸田小学校国見分校跡のぼり口

もともとは、独立した小学校だったのですが児童数の減少に伴い、1956年(昭和31年)に幸田小学校の分校となりました。

幸田小学校国見分校跡の石垣

さらに、1969年(昭和44年)には廃校となっています。

幸田小学校国見分校 校舎の瓦

校舎の名残りが、礎石と積まれた瓦に見られます。

幸田小学校国見分校 校門

校門は、現在の上り口とは反対側です。

幸田小学校国見分校 通学路の山道

当時は、この山道が通学路でした。

幸田小学校国見分校 通学路のコンクリート階段

よく見ると通学路の階段はコンクリート製です。

幸田小学校国見分校 閉校記念碑

そして校地には、閉校記念碑が建てられています。

幸田小学校国見分校 沿革史

記念碑には国見分校の沿革史が刻まれます。

幸田小学校国見分校 閉校記念碑の碑文

側面には工事費の負担金額が書いてあります。

幸田小学校国見分校 閉校記念碑 昭和44年3月18日建立 工事費 町5万円 国見校区3万円

「町5万円、国見校区3万円」

幸田小学校国見分校跡からさらに山奥の道

学校跡地から山の方に道が開けているので、山に入ってみました。

幸田小学校国見分校 滑車のついた木材は遊具の跡?

滑車のついた木材は、遊具のものでしょうか?

幸田小学校国見分校 奥の建物基礎

奥には建物の基礎があるので、学校関係の建物だったと考えられます。

幸田小学校国見分校 奥の建物基礎

住宅みたいなので、職員住宅か宿直室といったところでしょう。

幸田小学校国見分校 奥の石碑

さらにその奥に石碑があります。

幸田小学校国見分校 奥の石碑 碑文は読めない

しかし、碑文は永年の浸食で消えかかり、読むことができませんでした。

幸田小学校国見分校 ピンクテープ

ピンクテープがあるので、この先にも何かあるのでしょうが、登山の準備はしていません。

幸田小学校国見分校 ピンクテープ

これ以上、奥に入るのは断念しました。

幸田小学校国見分校 校舎の礎石

金山遺構

国見集落 国見川沿いの上り口

集落に戻り、国見川沿いを見てみます。

国見集落 国見川沿い荒れたコンクリート舗装

国見川が氾濫したのか、かなり荒れています。

国見集落 集会所跡

集会所があった場所ですが、建物はきれいに解体され更地になっています。

国見集落 集会所跡の更地

廃村後も、人の手が入っている証拠です。

国見集落 住居跡

さらに奥に進むと住居跡があります。

国見集落 端山神社(山の神)入口の標柱

この先は山道になっています。

国見集落から国見金山への上り口

金山遺構はこの先なのでしょうが、登山の準備はしていません。

国見集落 集落より奥の建造物の写真

坑口などの建造物が残っているので、行ってみようとも思いましたが・・・

国見集落 国見川上流の住居石垣

ここで引き返します。

国見集落 集落の国見川下流部

次はT字路から永野の方へ下ってみます。

国見集落 集落の国見川下流部の住居跡

住居跡らしき場所はありますが、建物はすでにありません。

国見集落 国見川沿いを永野へ下る道

国見川沿いを下る道は、あまり使われていない様子で、車で通るのはやめました。

土石流危険渓流 川内川水系国見川の看板

沿革

幸田小学校国見分校の門柱
1891年(明治24年)寺小屋式夜学校創立
1901年(明治34年)国見尋常小学校となる
1941年(昭和16年)国見国民学校へ改称
1947年(昭和22年)栗野町立国見小学校へ改称
1956年(昭和31年) 栗野町立幸田小学校国見分校となる
1969年(昭和44年)栗野町立幸田小学校と統合し閉校
幸田小学校国見分校の門柱

場所 鹿児島県姶良郡湧水町幸田

関連記事

【関連記事】寒川小中学校 集団離村により廃村となった寒川集落の学校

【関連記事】家一郷山 2000年ごろ2chで話題となったかなりヤバイ集落

【関連記事】本之牟礼分校 阿久根の山間にぽつんと残る校舎

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ