御池小学校 霧島火山群の日本一深いカルデラ湖近くの学校

御池(みいけ)小学校は、宮崎県都城市にある公立小学校です。

休校中

場所は、霧島連山の東麓にあたります。

御池や高千穂峰に近く、自然に恵まれた立地です。

このあたりは、旧来から人が住んでいた地域ではないようです。

終戦後に食糧増産を図るため、緊急事業としてはじめられた開拓地のひとつでした。

そのため、小学校の歴史も浅いです。

1955年(昭和30年)創立、当初は、夏尾小学校の分校でした。

独立した小学校となったのは、1963年(昭和38年)のことでした。

ピーク時には100人をこえる子供たちがいました。

しかし、児童数が減少したため、2017年(平成29年)から休校中です。

北海道の小学校へ行ったことはありませんが、御池小学校を見たイメージがなぜか北海道でした。

理由をきかれるとうまく説明きません。

周囲の雰囲気と校舎のイメージが、私の中の北海道とかぶったからかもしれません。

国道223号線、通称「霧島バードライン」は、けっこう交通量があります。

トレーラー式の飼料運搬車が走るので、路上駐車は危険です。

御池(みいけ)

御池というのは、宮崎県都城市と、宮崎県西諸県郡高原町の境界にあるカルデラ湖のことです。

火口湖ということで、ほぼ円形です。

直径1㎞、周囲3.9㎞、水面標高は305mです。

特徴は、水深が100mもあり、カルデラ湖としては日本一深いといわれています。

御池ができたのは、約4,000年前の大噴火によるものと推測されています。

この大噴火が、霧島連山で最大の噴火であったと考えられています。

2011年(平成23年)の、新燃岳(しんもえだけ)の爆発的大噴火が記憶に新しいところです。

霧島での大噴火は、52年ぶりだったそうです。

当時は、一帯に火山灰が降り、通行規制が行われていました。

現在は、噴火も落ち着き、火山灰が積もっているのも見たことありません。

バス釣り

御池は水質がとてもきれいです。

湖面に、ブラックバスが泳いでいるのが見えるそうです。

しかし、水質がクリア過ぎて、釣れないという情報もあります。

透明度の高さから、ルアーが「にせのえさ」とわかるのかもしれません。

または、水中から釣り人の姿が丸見えなのかもしれません。

スポット名御池
県名宮崎県
場所宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田
管轄小林高原野尻漁業協同組合
ポイントおかっぱり

ローカルルールによると、モーターボート投入は禁止です。

御池のバス釣りルール(遊漁券・ボートの利用について)

Copyright(c) フローターでバスフィッシング 

おかっぱから釣ることになります。

ポイントは、展望台の下か、その対岸のキャンプ場あたりと思います。

御池周辺の山には、ヤマヒルが多く生息しているそうなので、対策していく方がいいかもしれません。

漁協では、毎年夏に、外来種駆除の釣り大会をやっているようです。

宮崎内水面漁業協同組合連合会

2019年(令和元年)は、台風が来たので、中止してるようです。

御池小学校の沿革

1955年(昭和30年)西岳村立夏尾小学校御池分校として創立
1956年(昭和31年)荘内町立夏尾小学校御池分校へ改称
1963年(昭和38年)荘内町立御池小学校として独立
1965年(昭和40年)都城市立三池小学校へ改称
1991年(平成3年)現存校舎が落成
2017年(平成29年)休校

場所 宮崎県都城市御池町5844-291

関連記事

【人気記事】解体間近?南九州の今見ておくべき閉校校舎5選

【人気記事】熊本県南部の美しい閉校木造校舎7選

【人気記事】ドラマや映画の撮影に使われた南九州のスポット

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景