大堂津海浜

大堂津海浜 公営質庫発祥地・日南大堂津の海水浴場

大堂津海浜というのは、宮崎県日南市にある砂浜の海岸です。

大堂津海浜

海水浴場の駐車場は、かつての細田村営公営質庫の跡地です。

大堂津海水浴場

大堂津海水浴場 ステージ

大堂津海水浴場は、宮崎県のなかでも南部に位置し、南国感がマックスになる日南市の海水浴場です。

大堂津海水浴場

環境省が選定する、日本の快水浴場百選のひとつとなる、名海水浴場となります。

大堂津海水浴場

キレイに保たれているのは、地元の方のおかげです。

入江となっているうえ、沖には大堂津港の防波堤があるため、波も大きくありません。

大堂津サーフポイント 案内板

もう少し南の細田川河口あたりは、サーフポイントとしても知られています。

日南市 大堂津海水浴場
開設期間7月第1土曜日~8月31日
休場日期間中無休
ただし荒天時は休み
遊泳時間9:00~16:00
大堂津海浜のヨット

南国感あふれる風景

大堂津海浜から見た猪崎鼻

北側に見える岬は、猪崎鼻です。

大堂津海浜から見た七つ岩(ななつばえ)

防波堤の先に見えるのが、七つ岩(ななつばえ)。

大堂津海浜から見た小場島

七つ岩のとなりに見えるのは、小場島(おばしま)です。

大堂津海浜から見た日向大島

南東に見えるのは日向大島。

大堂津海浜から見た小場島・大島・虚空蔵島

1950年代には400人ほどの島民がいたのですが、現在は無人島になっています。

大堂津海浜から見た虚空蔵島と目井津の町

南側の島は虚空蔵島で、目井津の町が見えています。

大堂津海浜から見た虚空蔵島と目井津の町

公営質庫発祥の地

公営質庫発祥地

公営質庫というのは、市町村や社会福祉法人が経営する質屋のことです。

公営質庫発祥地説明碑

1912年(大正元年)、当時の細田村は全国に先駆けて、公営質庫を開設しています。

公営質庫発祥地の石碑

全国的に私営質屋はたくさんありましたが、 高利なうえ質流れ期間が短いなどの問題がありました。

公営質庫発祥地

公益質屋法が社会政策として立法化されたのは、1927年(昭和2年)のことでした。

大堂津海浜への踏切

細田村営公営質庫は、法制化の9年も前に設置されたことになります。

大堂津海浜(はまゆう海岸)

その後の公営質庫

大堂津海浜への踏切を通過する海幸山幸

法制化後に急速に増加した公営質屋は、1939年には全国1142店を数えることになります。

日南線大堂津駅へ向かう海幸山幸

戦後になると他の金融システムが発達し、公営質屋は数を減らし始めます。

日南線大堂津駅へ向かう海幸山幸

さらに1970年になると、消費者金融やリサイクルショップが普及しはじめます。

大堂津駅での列車交換

1983年 (昭和58年)には、 公営質屋は全国で61店まで数を減らしました。

日南線大堂津駅を発車した普通列車

2000年 (平成12年)までには、公営質屋は社会的な役割を終えています。

大堂津海浜 公営質庫発祥地

社会福祉事業法が社会福祉法に改正される際、公営質屋は法的にも廃止されています。

日南市大堂津海水浴場

場所 宮崎県日南市大堂津4丁目6

日南市大堂津海浜のヨット

関連記事

【関連記事】堀川運河 飫肥杉輸送を飛躍的に改善した油津の重要資産

【関連記事】港の駅めいつ 日南日本一かつおで有名な目井津港の行列ができるレストラン

【関連記事】ライオンズ南郷駅 埼玉西武ライオンズのチームカラーに染まる南郷町の中心駅

【関連記事】しあわせ448ハッピーロード フェニックスロードは日南で終わらない