通潤小笹円形分水

通潤用水小笹円形分水 土木技術が生んだ美しい利水設備兼観光資源

通潤用水小笹円形分水は、熊本県山都町にある利水設備です。

通潤小笹円形分水

見た目が美しいことから、観光地となっています。

円形分水

通潤小笹円形分水

円形分水というのは、農業用水を一定割合で分配するために使われる水利設備です。

円形分水工の説明板

農業土木業界では、円筒分水工ともよばれています。

円形分水工の説明図

門筒の中心に水をわき出させ、外周部から越流する際に、一定割合に分水させる仕組みです。

通潤小笹円形分水 用水路

見た目で公平に分水されるのがわかるし、水量を変える操作をするとすぐにバレバレです。

通潤小笹円形分水 用水路

昭和時代から全国各地の水田地帯につくられていて、山都町特有のものではありません。

通潤小笹円形分水 用水路脇の石祠

見た目が美しいため、観光資源としてPRしている円形分水もありあます。

通潤小笹円形分水 用水路

通潤橋は山都町にある代表的な石橋で、観光地としても有名になっています。

通潤小笹円形分水 入口

もともとは、白糸地区に通水するためにつくられた水路橋です。

通潤橋が通行できた当時の写真

通潤橋には、通潤用水路の通水管が通っています。

通潤橋の放水

よく見る放水している姿は、通水管にたまる土砂を取り除くのが目的です。

公平に分水

通潤小笹円形分水 入口

通潤橋から用水路を約6kmさかのぼった場所に、小笹円形分水があります。

通潤小笹円形分水 笹原川の取水堰

笹原川から取水した水を、通潤地区と野尻・小笹地区に分水するのが目的です。

通潤小笹円形分水 笹原川からの取水路

約500m上流の取水口から入れた水は、円形分水工へ引き込まれています。

通潤小笹円形分水 内径

用水は、円形分水の中心にある直径1.5mの円からわき出します。

通潤小笹円形分水 通潤用水路

さらに外側にある、内径6.3mの円形の分水路を通り、2つの水路に分水するしくみです。

通潤小笹円形分水 野尻・小笹用水路

円形分水ができる前は、取り込む水量により農家間で水争いがおこっていました。

通潤小笹円形分水 野尻・小笹用水路

1956年(昭和31年)に、この円形分水が完成しました。

通潤小笹円形分水 分水の仕組み

これ以降、水田面積に応じて7:3で公平に分水されるようになっています。

通潤小笹円形分水

観光資源

通潤小笹円形分水

通潤用水小笹円形分水は、 SNSでもよくみかける撮影スポットです。

通潤小笹円形分水

周辺には駐車場とトイレも整備され、観光地化しています。

通潤小笹円形分水 野尻・小笹用水路

通潤橋とあわせて、訪れる人も多くなっています。

通潤小笹円形分水 野尻・小笹用水路

場所 熊本県上益城郡山都町小笹

関連記事

【関連記事】通潤橋 観光要素に実用性と耐久性を備える国の重要文化財

【関連記事】熊本県のスポット一覧 市町村別マイナースポットまとめ

【関連記事】なつかしい熊本の食べ物 定番のロングセラー

【関連記事】熊本地方の名物 お土産は熊本市内のものだけではありません