熊本城

なつかしい熊本の食べ物 定番のロングセラー

昔からある熊本の食べ物で、今なお商品として売っているものをチェックしてみました。

熊本に住んだことのある人なら、一度は見たことがあるものばかりと思います。

熊本城

長く売れつづけるということは、県民が必要としていることの裏付けです。

熊本土産としても、贈答品としても自信を持っておすすめします。

食品編

御飯の友

熊本でふりかけといえば、「御飯の友」に付きます。

どこの家庭にいっても、食卓においてあるのをよく見ます。

調べてみると、熊本の食品会社フタバさんが作っています。

ルーツは大正時代、日本人に不足したカルシウムを補うため、魚の骨を粉にしてごはんにかけたことです。

これがふりかけの元祖となっているようです。

からしレンコン

熊本の郷土料理です。

本体のレンコンに、味をつけた和からしを詰めて揚げてあります。

お土産屋さんで売ってあるのをよく見ます。

レンコンは増血剤として優れています。

からしには、食欲増進作用があり、健康にもよい食材といわれています。

アベックラーメン

熊本にお住まいの方なら、「アベックラーメン」は見たことがあると思います。

スーパーで売っている家庭用のラーメンです。

熊本の五木食品さんの製造です。

発売は1960年(昭和35年)です。

以来、製法もスープの味も変えていないという、超ロングセラー製品です。

2食入りなのでアベックという名称になっています。

一般的には、アベックという言葉が使われなくなっています。

それがかえってノスタルジック感を漂わせ、いい感じになっています。

太平燕

太平燕(タイピーエン)は、本来中国の郷土料理です。

明治時代に、華僑が日本に伝えたといわれています。

日本風にアレンジされ、スープ料理が麺料理に変化しています。

熊本の郷土料理となりました。

いまでは、熊本市の中華料理のメニューの定番となっています。

面が春雨なうえ、野菜をたくさん使うので、低カロリーな麺料理として人気が高まりました。

お菓子編

誉の陣太鼓

自分が熊本土産として頂いたのは、陣太鼓が最多だと思います。

半世紀以上前からあるお菓子です。

黄金の包み紙が高級感をかもしだす、熊本市の製菓メーカ「香梅」さんの銘菓です。

武者がえし

陣太鼓とならぶ香梅さんの銘菓といえば、武者がえしでしょう。

熊本城の石垣「武者がえし」にちなんだネーミングです。

熊本土産として食べた方も多いと思います。

高級感ある和菓子ですが、洋菓子の要素もくんだ逸品です。

朝鮮飴

これは歴史の長いお菓子です。

安土桃山時代から、熊本の伝統銘菓でした。

そのころは、肥後飴とよばれていたようです。

元寇がおきると、熊本からも朝鮮半島に出兵しました。

当時の領主、加藤清正は、この飴を兵糧として持ち出しました。

飴は日持ちがし、兵士たちに喜ばれ士気高揚にとても役立ちました。

それ以来、朝鮮飴とよばれるようになりました。

飴にまぶしてある片栗粉を散らさないように食べましょう。

いきなり団子

製菓屋さんではなくて、一般家庭でつくり続けられてきた郷土菓子です。

さつまいもとアンコのバランスが、おいしさの相乗効果を生みます。

「いきなり」を冠する理由は諸説あります。

  • 急な来客でもいきなり出せる
  • 生の芋を「生き成り」調理する
  • 方言でざっとした人をいきなりな人という
  • 古い方言でいきなりは簡単という意味である

同じく、「いきなり」を冠して名をはせる「いきなりステーキ」とは、歴史が全く違います。

黒糖ドーナッツ棒

熊本のフジバンビさんの製品です。

発売は1987年(昭和62年)ですから、熊本から離れて長くたつ方は、知らないかもしれません。

名まえ通りで、黒糖を使ったドーナッツを棒のようにしてあるお菓子です。

内側はしっとりしていますが、外側はカリっとしているのもドーナッツそっくりです。

飲料編

ジューシー

本来は、JA熊本果実連の飲料の商標です。

熊本の人は一般的に、学校給食で出されていた果汁100%のミカンジュースをジューシーとよびます。

昔は、三角錐型の独特の紙パックが目印でした。

立方体の紙パックとなってからは、裏面のABC表記が甘さの違いといううわさが、学校で広まりましたが、メーカーは否定しています。

生活用品編

食品ではありませんが、熊本特有なので追加しました。

リバテープ

九州北部では、ばんそうこうのことを「リバテープ」とよびます。

日本で初めて救急ばんそうこうを製品化した、リバテープとうメーカーが熊本にあるためです。

実は、ばんそうこうは全国でよび方が違っていて、県内で主に流通しているメーカー名がよび名となっています。

東京や大阪ではバンドエイドとよびます。

熊本はバンドエイド製品であっても、カットバン製品であってもすべて、リバテープとよんでいます。

まとめ

なつかしいと感じたけど、すぐに熊本へは帰れない!

そんなときは、久しぶりに熊本の味をあじわってみませんか。

関連記事

【関連記事】地方の名物 お土産は熊本市内のものだけではありません

【関連記事】熊本県南部周辺の特産品3選

【関連記事】くまもとあか牛 程よい脂肪分と旨い赤身の熊本ブランド

【関連記事】鹿児島黒牛 名血統が支える黒毛和牛王国のブランド

【関連記事】かごしま黒豚 なぜおいしいのか?代々の関係者の英知と努力の結晶

【関連記事】球磨焼酎選ぶならこちら 全蔵の焼酎を見て通販で購入できます

【関連記事】球磨焼酎のおすすめ銘柄