西郷ダム

西郷ダム 鐘の形のクレーンカバーと永遠の鐘でお出迎え

西郷(さいごう)ダムは、宮崎県東臼杵郡美郷町にあるダムです。

福島県にも同名の西郷ダムがありますが、読み方は「にしごう」です。

この記事は、宮崎県の西郷(さいごう)ダムについて書いています。

西郷ダム

観光地としての西郷ダム

ダムの下流に、ダム見学のための「西郷ダム広場」があります。

そこにあるのは「永遠(とわ)の鐘」です。

永遠(とわ)の鐘

ダムをよく見ると、中央のローラーゲートの上の方に鐘の形のものがあります。

これは、クレーンカバーを鐘の形の装飾したもので、本当の鐘ではありません。

西郷ダムのクレーンカバー

そして、ダムと重なるようにかかる橋を「永遠の橋」といいます。

国道327号線、奥日向路を走る際には、目に留まるスポットです。

永遠の橋の橋票

クレーンカバーを鐘の形にしたのは、宮崎県北の3つの鐘にちなんでいます。

宮崎県北の3つの鐘
  • 出合いの鐘 ・・・ 延岡市 愛宕山
  • クルスの鐘 ・・・ 日向市 日向岬
  • 絆の鐘   ・・・ 三郷町 恋人の丘
西郷ダム広場ベンチ

ベンチのコンクリートは、改造前の西郷ダムから切り出したものです。

当時高価だったコンクリートを節約するため、大きな石を入れてあります。

西郷ダムの歴史

西郷ダムの竣工は、1929年(昭和4年)でした。

完成当時の西郷ダム

耳川水系のダムでは、最初にできたダムになります。

下流側から見た
改造前の西郷ダム
側面から見た
改造前の西郷ダム

上の写真は、改造前の西郷ダムです。

改造の経緯

2011年から改造工事をはじめ、2018年に竣工しています。

西郷ダム広場

主な目的は、貯水池周辺の浸水リスク低減です。

西郷ダム広場からみた西郷ダム

ダム湖に流入する土砂を下流に流すように、ダムの一部を掘り下げ本体も改造を行いました。

上流から見た西郷ダム

これを、「ダムの通砂(つうさ)運用」というそうです。

西郷ダムローラーゲート

改造前はローラーゲートを8門装備していました。

上流から見た西郷ダム

改造後、ゲートは6門となりましたが、中央の2門が大型化されています。

西郷ダムの魚道

魚道は今回改造する前からあったようです。

耳川水系のダム

耳川水系には8つのダムがあります。

どれも個性の強いダムなのが特徴です。

西郷調整池

旅行会社が、耳川水系ダムのバスツアーを企画しています。

竣工順にならべます。

西郷ダム さいごう

1929年(昭和4年)竣工

日本初の通砂運用のための改造。

クレーンカバーが鐘の形状。

永遠の橋

山須原ダム やますばる

1932年(昭和7年)竣工。

のちに、諸塚ダムを上部池とした、九州初の揚水式発電をすることになりました。

西郷ダム同様、通砂運用のため改造中。

山須原ダムの改造工事

塚原ダム つかばる

1938年(昭和13年)竣工。

竣工当時は東洋一のダムだった。

歴史的土木遺産といわれる、近代化産業遺産。

岩屋戸ダム いわやど

1942年(昭和17年)竣工。

塚原ダムを参考にしたダム。

竣工時期が戦時中なのが珍しい。

Dam’s room・岩屋戸ダム

上椎葉ダム かみしいば

1955年(昭和30年)竣工。

日本初の大型アーチ式ダム。

大内原ダム おおうちばる

1956年(昭和31年)竣工。

九州初のダム式発電ダム。

(取水式ではなくダム直下に発電所を置く方式)

大内原ダム

諸塚ダム もろつか

1961年(昭和36年)竣工。

九州唯一の中空重力式ダム。

同形式のダムは全国でも13基しかない。

Dam’s room・諸塚ダム

宮の元ダム みやのもと

1961年(昭和36年)竣工。

堤高18m。

アーチ式ダムでは日本最小。

Dam’s room・宮の元ダム

諸元

名称西郷ダム
場所宮崎県東臼杵郡美郷町西郷小原字赤木
水系耳川
河川耳川
型式重力式コンクリート
事業者九州電力
施行者当初 鉄道工業
改造 熊谷組・飛鳥建設・志多組
ダム湖西郷調整池
目的発電
最高出力
(発電)
27,100kw
堤高20.0m
堤頂長84.5m
堤体積13千㎥
流域面積647.8㎢
湛水面積40ha
総貯水容量1,651千㎥
有効貯水容量1,128千㎥
着手/竣工当初 1920/1929
改造 2011/2018