上椎葉ダム 九州山地での難工事

椎葉ダムは、宮崎県東臼杵郡椎葉村にある、九州電力が建設したダムです。

椎葉村

椎葉村は、九州山地のど真ん中にある村です。

かつては、九州地方でも極めて交通の便が悪い村とされていました。

村の中心部を流れているのは、耳川です。

耳川下流の都市、日向市との、道路が開通したのは、1933年(昭和8年)のことでした。

今でこそ、アクセス道路は、改良が進んできましたが、村内は、まだまだ狭い道だらけです。

そして、通行止めや、時間通行止めの路線が多いこと。

大雨が降った後は、峠越えののアクセス道は、注意が必要です。

日本初の大型アーチ式ダム

九州のダムを語る時、上椎葉ダムは避けて通れません。

上椎葉ダムの着工は、1950年(昭和25年)です。

当時、日本にはアーチ式ダムの技術蓄積が、まだありませんでした。

アーチ式ダムの利点は、コンクリートの使用量が少なく、経済性に優れる点です。

ただ、地震国日本では、耐震性に不安がある反面、当時は、実証データがありませんでした。

そして、雨の多い九州での、洪水処理能力にも不安がありました。

重力式ダムは、ダム自体の重さにより、水圧に耐えるような構造です。

一方、アーチ式ダムは、 両側の岩盤に圧力を分散させて、水圧に耐える構造となっています。

上椎葉ダムの建設予定地は、両岸とも堅く、アーチ式ダムが妥当との結論となりました。

未知な部分を克服するため、当時の科学技術の粋を尽くして、建設されたダムなのです。

スキージャンプ式の洪水吐きです。

両岸から放流した水が跳ねて谷の中央部でぶつかります。

巨大なエネルギーを相殺して、堤体への影響を軽くしようとするものだそうです。

想像を絶する難工事

ダム建設には、延べ500万人が動員されました。

ダム本体工事が始まったのは1952年(昭和27年)でした。

当時 、椎葉村につながる道路は、離合もできないような狭い道路しかありませんでした。

資材は40㎞以上はなれた、延岡市から運搬しました。

それはそれは、長い道のりに感じたことと思います。

不慣れな作業員の操作による、掘削機械の故障も多かったといいます。

そして、何よりも難工事となった原因は、毎年襲う台風による洪水でした。

機材の流失や人的被害が出ていたといいます。

完成間近には、建設中の発電所が流されてしまいました。

ダム建設による、殉職者は105名に上りました。

日向椎葉湖

上椎葉ダムによるダム湖を、日向椎葉湖と呼ぶようです。

新平家物語の著者、吉川英治氏により命名されたということです。

壇ノ浦の戦いで、源氏に敗れたのが平氏です。

平氏の残党は、日本各地の人が住んでいないようなところへ移り住みました。

椎葉村も、そのひとつといわれています。

平氏が来なかったら、多くの集落が存在しなかったのかもしれません。

ちなみに、日向椎葉湖は、ヤマメ釣りで有名です。

諸元

名称上椎葉ダム
場所宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良
水系耳川
河川耳川
型式アーチ式コンクリート
事業者九州電力
施行者鹿島建設
ダム湖日向椎葉湖
目的発電
最高出力
(発電)
90,000kw
堤高110.0m
堤頂長341.0m
堤体積390千㎥
流域面積279.6㎢
湛水面積266ha
総貯水容量91,550千㎥
有効貯水容量76,000千㎥
着手/竣工1950/1955