瀬戸石駅 あやかし「さんと」がいた駅

瀬戸石駅といえば、グーグルのサジェスト機能でも夏目友人帳と表示されます。

夏目友人帳ファンの方の間では、聖地として有名な場所です。

水害に悩まされた瀬戸石駅

瀬戸石駅はJR九州肥薩線の駅です。

球磨川沿いにあります。

かつては急行列車も停車する有人駅でした。

1910年(明治43年)開駅、木造駅舎が造られました。

1965年(昭和40年)には、球磨川が増水して駅舎が流されています。

1966年(昭和41年)鉄筋造の駅舎を新築します。

1982年(昭和57年)今度は集中豪雨による、停車中の列車が土砂に埋まります。

その1週間後の集中豪雨では、またも球磨川の増水により駅舎は倒壊しました。

今度は、プレハブ造りの仮駅舎をホーム上につくりました。

駅舎跡は駐車場となりました。

1986年(昭和61年)駅は無人化されました。

1987年(昭和62年)仮駅舎は撤去されています。

夏目友人帳の象徴的な聖地

なんだか、駅自体は悲しい歴史があります。

しかし、数年前からひそかに脚光を浴びています。

ホーム上に待合室の建物があります。

実はこれは、開業当時から使用されているものです。

ホーム上にあったため水難を逃れてきたのだと思います。

そして、この建物が夏目友人帳の聖地としての象徴的な建物なのです。

駅周辺の風景やその歴史が、夏目友人帳の世界観にもピッタリハマっています。

瀬戸石駅は、夏目友人帳の第1期5話「心色の切符」で、あやかし「さんと」が登場した駅そのままです。

ちなみに、 「心色の切符」 はアニメ版のみのお話で、単行本では登場しません。

国道から駅までは離合できないような道路が結構続きます。安全運転でお越しください。

場所 〒869-5221 熊本県八代市坂本町川嶽3145

【関連記事】聖地巡礼その4 八代市へ 球磨川下流域コース

【関連記事】夏目友人帳聖地 まとめ

【関連記事】夏目友人帳アニメ 動画配信ならU-NEXT最強説

【人気記事】ニャンコ先生 大量の物販アイテムをみてきたのでシェア