亀石坂(霧島神宮旧参道)の案内標柱

霧島の七不思議 霧島田口に伝わる科学的に説明できない怪現象

霧島の七不思議というのは、霧島神宮の周辺で起きる、不思議な現象です。

鹿児島県霧島市霧島田口の小滝

古くから旧霧島町に伝承されていて、現在も科学的に説明できない怪現象ばかりです。

文字岩

霧島の七不思議 文字岩

文字岩というのは、割れてできたわずか10cmの隙間に、文字が彫られた大きな岩です。

霧島の七不思議 文字岩

どうみても人間の技では彫ることができない、せまい隙間で、覗くときは懐中電灯が必要です。

文字岩

山中の崖にある大きな岩なので、人の手で動かすのはムリです。

文字岩の隙間

重機もない時代に、どうやって彫ったのか不思議です。

霧島の七不思議 文字岩の説明板

両度川

霧島の七不思議 両度川

両度川は、毎年6月ごろになると水が流れ出し、8~9月ごろに涸れてしまいます。

霧島の七不思議 両度川

水が流れはじめ、 10日程度水が流れたと思うと、全く乾いてしまいます。

両度川

数日たつとまた流れ出す、不思議な川です。

両度川

毎年、2度流れるので両度川と名付けられたといいます。

霧島の七不思議 両度川の説明板

御手洗川

御手洗川の水神

御手洗(みたらし)川は、11月から4月まではほとんど涸れています。

御手洗川

毎年5月になると、スゴイ勢いで水がわき出します。

霧島の七不思議 御手洗川

御手洗川は、霧島川との合流点が高い滝になっているので、魚は登れないはずですが、なぜか魚がいます。

水がわき出すときに、魚もいっしょにわき出すと考えられています。

霧島の七不思議 御手洗川

天孫降臨のさい、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が高天原(たかまがはら)からもってきた、真名井の水を含んでいると信じられています。

霧島の七不思議 御手洗川の説明板

風穴

霧島の七不思議 風穴

風穴は、岩穴からいつも風が吹きだしているので、風穴と名付けられています。

霧島の七不思議 風穴

現在は風穴からは、風は吹きだしていません。

風穴

ところが霧島の山中では、現在も風が吹きだす岩があちこちで見られるといいます。

風穴

岩の穴はいったいどこへつながっているのか?不思議な穴です。

霧島の七不思議 風穴の案内標柱

亀石

霧島の七不思議 亀石

亀石というのは、カメにそっくりな石のことです。

亀石坂(霧島神宮旧参道)の案内標柱

亀石のある坂は、霧島神宮の旧参道なのですが、現在は亀石坂といっています。

霧島の七不思議 亀石

自然に形づくられたにしては、 不自然にカメに似ている不思議な石です。

亀石坂

蒔かずの種

亀石坂 (霧島神宮旧参道)

蒔かずの種というのは、霧島神宮の山中で自然に生える稲のことです。

霧島神宮の裏山

天孫降臨のさい、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、高天原(たかまがはら)から持ってきた種子が残っていて、山中で自然に育つものと伝わります。

霧島神宮の裏山

稲は本来日本には自生していない熱帯性植物にもかかわらず、山中に陸稲(おかぼ)の種があるのは不思議です。

稲穂

夜中の神楽

霧島神宮参道

夜中の神楽とは、霧島神宮を現在地に遷座したとき、 深夜に社殿の奥から神楽が鳴り響いたという伝説です。

霧島神宮 社殿

その時は、神官や僧侶ほか居合わせた一般の人も、夜中の神楽を聞いたといわれています。

霧島神宮 社殿

現在も時々、深夜に神楽の音が聞こえるときがあるといわれています。

霧島神宮 境内

関連記事

【関連記事】霧島神宮 いわずと知れた観光地で艦これ聖地

【関連記事】蒼林閣 霧島温泉郷の森の中に眠る大型温泉旅館遺構

【関連記事】阿久根の七不思議 大昔から伝わる阿久根市のミステリー

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ