100年以上使った駅舎を建替えた 夏目友人帳聖地 八代駅編

夏目友人帳の聖地のひとつとして知られている八代駅ですが、2019年(平成31年)に新駅舎が完成しました。

アニメの風景は再現できなくなりましたが、「うつせみに結ぶ」での風景は健在ですので、巡礼する価値はあると思います。

夏目友人帳の聖地だった?駅舎

夏目友人帳の聖地だったのですが、新築で駅舎が変わっていまいました。

第1期第9話「あやかし祓い」 で夏目が名取さんを見送った「何樫駅」は八代駅舎がモデルになっていました。

  旧駅舎です。

S-Tripさんのページから引用   http://snavinet.fc2web.com/Yatsushiro1.html

旧駅舎は1911年(明治45年)に建てられたもので、築後100年以上も使っていました。

駅裏の工場の煙突はそのままです。

「うつせみに結ぶ」の聖地

タキさんが、街でニャンコ先生をみかけて追いかけるところは、八代駅前あたりがモデルだと思います。

【関連記事】聖地巡礼その4 八代市へ 球磨川下流域コース

【関連記事】夏目友人帳聖地 効率的な巡礼コースを考えてみた

【関連記事】夏目友人帳聖地 まとめ

【関連記事】夏目友人帳アニメ 動画配信ならU-NEXT最強説

【人気記事】夏目友人帳グッズをながめて、おすすめの正規品をセレクト

【人気記事】ニャンコ先生 大量の物販アイテムをみてきたのでシェア

歴史

八代駅は熊本県南の主要都市、八代市の玄関口です。

八代駅には3路線が乗り入れています。

JR九州の鹿児島本線の駅です。

JR九州肥薩線の起点駅となります。

肥薩おれんじ鉄道 肥薩おれんじ鉄道線の起点駅でもあります。

1896年(明治29年)開設でありその歴史は120年を越えます。

主なイベントは下記のとおりです。

1896年(明治29年)開駅
1908年(明治41年)八代〜人吉間開業に伴い現在地へ移転
1911年(明治45年)新駅舎完成
1927年(昭和2年) 鹿児島本線全通
1970年(昭和45年)鹿児島本線全線電化
2004年(平成16年)八代駅~川内駅間を 肥薩おれじ鉄道に移管。
2019年(平成31年)新駅舎完成

本当の新八代駅

新八代駅といっても、駅舎が新しくなった八代駅のことではありません。

九州新幹線の開業にともなって開設された、八代駅のお隣の新八代駅のことです。

在来線も乗り入れています。

2004年(平成16年)以降は、他県からの旅客の玄関口は新八代駅に譲っています。

肥薩おれんじ鉄道

旧鹿児島本線、八代駅から川内駅間で営業している第3セクター鉄道です。

「観光列車 おれんじ食堂」で話題になっています。

ご存知の方も多いと思います。

すくなくとも、くま川鉄道より有名です。

肥薩おれんじ鉄道 公式HP https://www.hs-orange.com/

場所 〒866-0831 熊本県八代市萩原町