淡島神社 万病治癒・子宝・安産にご利益 人形供養の社

1989年(明治22年)に山田村と万江村が合併してできたのが球磨郡山江村です。

淡島神社は人吉市から旧万江村の谷を上流に向かう必要があります。

万江地区のパワースポットと言われているのが淡島神社です。

医薬の神様そして人形供養

春と秋の彼岸の前後1週間に多くの老若男女が参拝します。

主祭神の少那昆古那命(すくなびこなのみこと)は、医薬の神とされ、特に婦人病に効果があるとされています。

お世話になった古い人形や、処分に困った人形の宿っている魂を抜いて火を入れる「お焚き上げ神事」が行われています。

そのため、淡島神社は多くの女性がお参りする神社として有名です。

歴史

本社は和歌山県の淡島神社になります。

淡島信仰が全国に広がる時期に、万江地区にも淡島神社がご歓請されました。

淡島神社のある場所はもともと小森という地名でした。

のちに淡島神社が有名になったったことで、地名も淡島と呼ばれるようになったといいます。

1878年(明治11年)それまで個人の家に祀られていたものを、地域の人たちが神祇省に願い出て淡島神社と称することになったそうです。

夏目友人帳の聖地

淡島神社周辺は夏目友人帳の聖地としても知られています。

淡島神社の最寄りの商店、藤田神社

作中では「三ッ森ストアー」でした。

藤田商店前のからの景色

表参道橋のカーブミラー

淡島神社のすぐそばの淡島阿弥陀堂

【関連記事】聖地巡礼その2 人吉北部から西部へ 淡島神社から天狗橋コース

【関連記事】夏目友人帳聖地 効率的な巡礼コースを考えてみた

【関連記事】夏目友人帳聖地 まとめ

【関連記事】夏目友人帳アニメ 動画配信ならU-NEXT最強説

【人気記事】夏目友人帳グッズをながめて、おすすめの正規品をセレクト

【人気記事】ニャンコ先生 大量の物販アイテムをみてきたのでシェア

周辺のみどころ

ミニ鳥居

淡島神社の拝殿のすぐ前に、1940年(昭和15年)に奉納されたミニ鳥居があります。

腰から下の病気や、子宝、安産などにご利益があるといわれています。

淡島のイチイガシ

樹齢300年とも400年ともいわれています。

イチイガシの幹には「腰かけ穴」とよばれる穴があり、願いをかける人もいるそうです。

淡島のイチイガシは山江村指定の天然記念物となっています。

淡島阿弥陀堂

前の項目でも書いた通り、夏目友人帳の聖地としても有名です。

アニメにも登場した、変わった幹の木があります。

万江川

下を流れる川が万江川です。

ゲンジボタルの生息地です。

ホタルは5月〜6月ごろが見ごろとなります。

淡島神社周辺の万江川は「熊本ほたるの里100選」に選ばれています。

場所 熊本県球磨郡山江村万江141

関連記事

【関連記事】人吉・球磨で病気に対しご利益があるスポット14選

【関連記事】人吉・球磨の健康祈願スポット10選

【関連記事】人吉・球磨の子授け・子宝スポット8選

【関連記事】人吉・球磨の安産祈願スポット17選