サボテンハーブ園

サボテンハーブ園 日南海岸の観光名所もバイパス開通で閉園

サボテンハーブ園は、かつて宮崎県日南市にあった植物園です。

サボテンハーブ園 本館

宮崎市から日南市のちょうど中間に位置し、永い間日南海岸の名所として親しまれていました。

日南海岸

サボテンハーブ園 入口の富士海水浴場

宮崎県屈指のドライブコース、日南海岸を南下すると、鵜戸神宮や都井岬などの観光名所が目白押しです。

サボテンハーブ園 旧バス停の木

新婚旅行ブームのころは日本のハワイとよばれ、九州本土でも珍しい熱帯性の植物が自生する温暖な地域です。

サボテンハーブ園

サボテンハーブ園は、かつて日南海岸を代表する観光名所でした。

スカーレットベル

PhotoMiyazaki-宮崎観光写真 サボテン・ハーブ園

レストランにあったサボテンステーキや、鐘を鳴らすと願い事が叶うといわれたスカーレットベルなど宮崎名物も生んでいます。

サボテンハーブ園 本館建物

小弥太郎峠サボテン公園

サボテンハーブ園

サボテンハーブ園は、1937年(昭和12年)に日南海岸の小弥太郎峠にウチワサボテンを植え、入場無料のサボテン公園としたのがはじまりです。

サボテンハーブ園 入口

1951年(昭和26年)に、現在地に移転しています。

サボテンハーブ園 入口

移転後しばらくは、サボテン公園のあった場所を継ぎ、小弥太郎峠サボテン公園と称していました。

サボテンハーブ園 入口

新婚旅行ブームで集客

サボテンハーブ園

その後、サボテン公園には、ハネムーンブームで多くの観光客が訪れるようになります。

サボテンハーブ園 国道220号線旧道

1990年代までは、サンメッセ日南がなかったため、日南海岸有数の観光名所として君臨することになります。

サボテンハーブ園 前面道路の国道220号線旧道

1995年(平成7年)には、ハーブ温室が完成し、サボテンハーブ園と名称が変わっています。

サボテンハーブ園 建物

衰退

サボテンハーブ園 入口の富士海水浴場

しかし、国道220号線に日南富士(ふと)トンネルができると、前面道路は旧道となります。

サボテンハーブ園 サボテン温室とメキシコ館

通行量が激減したところに、2004年(平成16年)に台風が襲い、大被害を受けました。

サボテンハーブ園 サボテン温室とメキシコ館

さらに、経営母体であった宮崎交通が、産業再生機構の支援を受けるタイミングと重なってしまいます。

サボテンハーブ園 玄関

ついには、2005年(平成17年)閉園となっています。

サボテンハーブ園 ロゴと広告塔

サボテンハープは売却が決定し、地場の米良電機産業の所有となりました。

サボテンハーブ園 マップ

PhotoMiyazaki-宮崎観光写真 サボテン・ハーブ園

しかし、再開されることはなく現在に至っています。

サボテンハーブ園 1975年(昭和50年)の航空写真

ちなみに、1975年(昭和50年)のサボテン公園の航空写真です。

サボテンハーブ園 2020年(令和2年)の航空写真

こっちが、2020年(令和2年)のサボテンハーブ園跡の航空写真です。

サボテンハーブ園

PhotoMiyazaki-宮崎観光写真 サボテン・ハーブ園
サボテンハーブ園 雑草に変わってしまったサボテンの植栽

当時の写真と比較すると、サボテンが雑草に変わってしまったのがわかります。

場所 宮崎県日南市富士1136-1

関連記事

【関連記事】富土のトトロ サボテンハーブ園に代わる日南市富土の観光地

【関連記事】ダルマの里 生駒高原に点在する日本一怪しい公園の置き土産

【関連記事】都井岬の遺構群 60~70年代に加熱しすぎたトレンド

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景