南さつま市消防局大笠分遣所

大笠分遣所 トイレが使える観光施設みたいな消防署

南さつま市消防局大笠分遣所(だいりゅうぶんけんしょ)は、鹿児島県南さつま市にある消防署です。

南さつま市消防局大笠分遣所

一般の人もトイレを自由に使うことができます。

トイレ休憩

国道沿いに案内板が出ています。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレが使える消防署

「トイレあります ⇒ ご自由にお使いください」

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレが使える消防署

建物の外観から観光施設かと思いました。

南さつま市消防局大笠分遣所

消防車や救急車が並べてあることから、消防署であることがわかりました。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレ

どこの消防署でも、一般の人もトイレは使えます。

南さつま市消防局大笠分遣所と国道226号線

ただ、一般の人で消防署に用事がある人は少ないと思います。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレ

大笠分遣所のように、トイレを自由に使ってよいことを案内している消防署は、はじめて見ました。

カラフルな外観

2018年(平成30年)に落成したばかりの建物です。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレが使える消防署

以前の建物は、40年近く使っていて老朽化していました。

南さつま市消防局大笠分遣所

人命救助の拠点が、最初に被災しないようにしておく必要があります。

南さつま市消防局大笠分遣所 ヘリポート

ヘリコプターが離発着するのでしょう、敷地も広大です。

南さつま市消防本部

南さつま市消防局は、南さつま市加世田東本町に本部を置いています。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレが使える消防署

南さつま市全域を管轄します。

南さつま市消防局大笠分遣所

分遣所を3カ所置いています。

  • 大笠分遣所
  • 坊津分遣所
  • 金峰分遣所

大笠分遣所の近代史

大笠分遣所は、平成の大合併までは、加世田地区消防組合の分遣所でした。

南さつま市消防局大笠分遣所 トイレが使える消防署

2005年(平成 17 年)南さつま市発足後は、南さつま消防本部の分遣所となります。

南さつま市消防局大笠分遣所 消防車と救急車

2007年(平成 19年)には、南さつま消防本部が枕崎地区消防組合と合併したことから、南薩地区消防組合の分遣所となります。

南さつま市消防局大笠分遣所 国道226号線

2013年(平成25年)に、南薩地区消防組合が解散したことから、再び南さつま市消防本部の分遣所となっています。

場所 鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木295

関連記事

【関連記事】阿久根商店製麺工場 うどんの自販機が現役稼働する小湊のジョイフル

【関連記事】くじらの眠る丘 座礁くじらの追悼施設と大浦特産品販売所ふるさとくじら館

【関連記事】南さつま海道八景 南九州屈指の絶景ルート国道226号線