南さつま海道 後浜展望所

南さつま海道八景 南九州屈指の絶景ルート国道226号線

南さつま市の国道266号線沿いには、海沿いに絶景スポットが広がります。

南さつま海道 国道226号線

なかでも、南さつま市が選定した 8 つの景勝地を、「南さつま海道八景」とよんでいます。

南さつま海道とは?

南さつま海道 国道226号線

南さつま海道というのは、南さつま市の九州本土最南西端を海沿いにまわるルートのことです。

起点は南さつま市役所です。

南さつま海道 国道226号線 笠沙路の石碑

旧町村名でいうと、大浦・笠沙・坊津をまわり、枕崎市の市境が終点です。

南さつま海道 国道226号線

全長は62㎞です。

南さつま海道 高崎山展望所

標識の「♯」以下の数字は、起点南さつま市役所から、順路通り回った場合の距離です。

1.高崎山展望所 薩摩半島と崎ノ山が見える番所跡

南さつま海道 高崎山展望所

高崎山(こさきやま)展望所は、北方向の海が見えます。

南さつま海道 高崎山展望所から見る神の島と崎ノ山半島

左の小島が神の島で、中央が崎ノ山半島、今通ってきた国道226号線が右下に見えます。

南さつま海道 高崎山展望所から見る吹上浜

左のギザギザした山が金峰山で、その下に吹上浜が広がっています。

南さつま海道 高崎山展望所から見る薩摩半島

左端が長島で、阿久根から川内方向の眺めです。

南さつま海道 高崎山展望所から見る甑島

甑島(こしきじま)方向を撮影するには、もっと良いカメラが必要です。

南さつま海道 高崎山展望所

なるほど、ここに番所を置けば東シナ海から薩摩国に近づく船は全部見えます。

場所 鹿児島県南さつま市笠沙町片浦

2.谷山展望所 城壁のような段々畑

南さつま海道 谷山展望所

谷山展望所のみどころは、段々畑です。

南さつま海道 谷山展望所から見る段々畑

谷山の斜面には、まるで城壁のような見事な段々畑が残されています。

南さつま海道 谷山展望所から見る段々畑

江戸時代に、長い年月をかけて開墾され石積みしたものです。

南さつま海道 谷山展望所から見る段々畑

笠沙半島では、こうした石積みが農地以外でも見られます。

南さつま海道 石垣群の里大当集落
石垣群の里 大当集落

場所 鹿児島県南さつま市笠沙町片浦

3.後浜展望所 野間崎の展望

南さつま海道 野間岬

野間岬はかつては離島でした。

南さつま海道 野間岬入口

永年の間に砂州が発達して陸続きになっています。

南さつま海道 後浜展望所

後浜展望所からは、野間岬一帯を見ることができます。

南さつま海道 後浜展望所から見る立神

目の前の大きな切り立った岩を立神といいます。

南さつま海道 後浜展望所から見る野間岬

野間岬が見えます。

南さつま海道 後浜展望所から見る夕日

夕日が美しいスポットです。

南さつま海道 後浜展望所の海

八景中、最も海が近いので、水の透明度がよくわかります。

南さつま海道 後浜展望所から見る釣り人

この日後浜で会ったのは、すべて釣り人でした。

場所 鹿児島県南さつま市笠沙町片浦

4.笠沙美術館展望所 映画007の撮影地・沖秋目島

南さつま海道 笠沙美術館展望所

笠沙美術館展望所から見た東シナ海には、沖秋目島が見えます。

南さつま海道 笠沙美術館展望所から見る沖秋目島

その姿は、まるで怪獣が横たわっているようです。

映画007は二度死ぬ撮影地 沖秋目島

1967年(昭和42年)に公開された映画、「007は二度死ぬ」は、日本を舞台にしていました。

映画007は二度死ぬ撮影地 沖秋目島

漁村のシーンは坊津でロケが行われ、沖秋目島でも撮影が行われています。

映画007は二度死ぬ撮影地 沖秋目島

島の裏側に洞窟があって、作中では毒ガスが発生しているという設定でした。

映画007は二度死ぬ撮影地 沖秋目島のPR看板

場所 鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木

5.落水展望所 亀の形に切り立った崖の亀ヶ丘

南さつま海道 落水展望所

落水展望所のみどころは、亀ヶ丘岩壁です。

南さつま海道 落水展望所からみる亀ヶ丘

亀ヶ丘は、山頂が亀の形に見えることから名づけられています。

南さつま海道 落水展望所からみる亀ヶ丘

まあ、見えますが電線が気になります。

南さつま海道 落水展望所からみる亀ヶ丘

電線を外すと、木が被ります。

南さつま海道 落水展望所からみる海

山を見るスポットですが、海の景色も普通にきれいです。

南さつま海道 落水展望所

亀ヶ丘の山頂に展望所や牧場があるので、いつか行ってみます。

場所 鹿児島県南さつま市坊津町久志

6.丸木崎展望所 泊浦一帯を見るスポット

南さつま海道 丸木崎展望所

丸木崎展望所からは、270°くらいの角度で、ぐるーっと海が見渡せます。

南さつま海道 丸木崎展望所から見る泊浦と番屋山

風車があるのが番屋山で、海沿いの集落が泊浦です。

南さつま海道 丸木崎展望所から見る輝津館

完全に逆光ですが、中央は輝津館(きしんかん)で、左に坊津病院が見えます。

南さつま海道 丸木崎展望所から見る峰ヶ崎

峰ケ崎方向です。

南さつま海道 丸木崎展望所から見る大瀬と草島

沖に浮かぶのは左が大瀬で、右が草島です。

南さつま海道 丸木崎展望所から見るヒサゴ瀬

丸木半島の先端は、ヒサゴ瀬です。

南さつま海道 丸木崎展望所から見る丸木浜

左から、B&G海洋センター、玉川大学の施設、丸木浜です。

南さつま海道 丸木崎展望所

夕日が水平線に沈む夕日映えスポットです。

南さつま海道 丸木崎展望所

晴れた日の昼間は、どこかしら逆光になる方角があります。

南さつま海道 丸木崎展望所

時間帯や季節を変えれば、また違った写真を撮ることができます。

7.輝津館展望所 国指定名勝・双剣石を見る

南さつま海道 坊津歴史資料センター輝津館

輝津館(きしんかん)というのは、坊津歴史資料センターのことです。

南さつま海道 坊津観光案内所

観光案内所や市役所支所などが集まる、坊津(ぼうのつ)の文化、観光、行政、の中心施設です。

南さつま海道 輝津館展望所から見る双剣岩

輝津館展望所から見える、天に向かって剣のようにそびえ立つ岩が双剣石です。

南さつま海道 輝津館展望所

この双剣石一帯は、国の名勝「坊津」として指定されています。

場所 鹿児島県南さつま市坊津町坊

8.耳取峠展望所 枕崎市街地と開聞岳

南さつま海道 耳取峠展望所

耳取峠展望所は、眼下に枕崎市街と遠くに開聞岳、さらにその奥に大隅半島が見えるスポットです。

南さつま海道 耳取峠展望所

早朝に行くと、開聞岳から昇る朝日をみることができます。

南さつま海道 耳取峠展望所

右端に、枕崎市の竜神岩も見えました。

南さつま海道 耳取峠展望所

名前の由来は諸説ありますが、眺望に見ほれるのは間違いありません。

南さつま海道 耳取峠展望所

耳取峠で起点の南九州市役所から62㎞です。

南さつま海道 耳取峠展望所

この先を下れば、2㎞で枕崎市へ入ります。

場所 鹿児島県南さつま市坊津町坊

連続する宝石のような絶景

指宿が薩摩半島の「最南端」で、佐多岬が大隅半島の「最南端」というインパクトがあります。

南さつま海道 国道226号線

そのため、南さつま海道には行ったことがありませんでした。

南さつま海道 丸木崎

八景どころか海道全部が強烈な絶景続きです。

南さつま海道 国道226号線

これは、南九州屈指の絶景ルートに間違いありません。

南さつま海道 国道226号線

ただし、国道226号線は改良中です。

南さつま海道 国道226号線

難所こそありませんが、基本はリアス式海岸の断崖に沿う道路です。

南さつま海道 国道226号線

走破するだけで約1時間40分かかります。

関連記事

【関連記事】亀ヶ丘展望所 南さつまを一望する感動の絶景スポット

【関連記事】阿久根商店製麺工場 うどんの自販機が現役稼働する小湊のジョイフル

【関連記事】くじらの眠る丘 座礁くじらの追悼施設と大浦特産品販売所ふるさとくじら館

【関連記事】大笠分遣所 トイレが使える観光施設みたいな消防署

【関連記事】丸木浜 リアス式海岸の入江に広がる海水浴場とキャンプ場

【関連記事】坊泊小学校 坊津港貿易を背景にした有力寺院一乗院跡にあった校舎

【関連記事】南薩鉄道記念館 往年の加世田駅と鹿児島交通の鉄道車両たち

【関連記事】鹿児島交通枕崎線 薩摩半島西岸を縦貫したローカル私鉄

【関連記事】【超定番】 鹿児島のおいしい食べ物と飲み物