双子浜

双子浜 長瀬と2つの浜で脚光を浴び始めた枕崎の景観地

双子浜というのは、 鹿児島県枕崎市にある海岸です。

双子浜

まくらざき探検隊が発掘し、発信している観光名所です。

長瀬

仁田浦海岸の長瀬

長瀬(ながせ)というのは、海岸から砂州や岩礁が長く沖まで伸びている地形のことです。

仁田浦海岸

仁田浦海岸の長瀬は、結凝灰岩の奇岩岩礁です。

仁田浦海岸の長瀬

仁田浦海岸では、双子浜の長瀬が最も沖へ長く伸びています。

双子浜(西側)

双子浜には、 長瀬をはさんで2つの砂浜があるためその名がついています。

双子浜(東側)

ただし、双子浜に長瀬が現われるのは干潮時です。

満潮時の長瀬

干潮時がおススメ

双子浜から見る開聞岳

双子浜には、 指宿市の開聞岳から枕崎市の立神岩まで180° の海が広がります。

双子浜から見る立神岩

運が良ければ、 遠くに三島村の三島 (硫黄島・黒島・竹島) や屋久島が見えます。

双子浜沖を航行する小型船

広がる岩礁と白浜の景色が印象的な海岸です。

枕崎港の潮位表

干潮時の潮位が52cm以下の時に訪れると、先の方まで長瀬がみえるのだそうです。

枕崎港の潮位 潮汐ナビの画面キャプチャ

訪れた日は干潮でしたが、潮位が91cmだったので、長瀬の全容をみていません。

満潮時の長瀬

ちなみに満潮時には、長瀬の大半が水没します。

双子浜のハマゴウ

2つの浜

双子浜

みどころは長瀬だけではありません。

双子浜(西側)

長瀬を中心に2つの白浜が広がる、まさに双子浜です。

双子浜(東側)

東側の白浜の先が開聞岳です。

双子浜(西側)

西側の白浜の先が立神岩です。

双子浜の長瀬と開聞岳

ステキな絶景を見ていると、時間が経つのを忘れます。

双子浜のカニ

そして、真下を見ると自然の造形美と、自然の生物の宝庫です。

双子浜の奇岩

最近売り出し中

双子浜 2つの浜を分ける奇岩

双子浜は昔からあった浜辺なのですが、まくらざき探検隊が発掘し、人が訪れ始めたのは最近です。

まくらざきのまち歩きガイドなどを行う観光ボランティア団体

枕崎市の人知れず埋もれている自然や史跡などを再発見し紹介している

ホームページ TOP of まくらざき探検隊
Facebook まくらざき探検隊 – ホーム | Facebook
双子浜のアクセス道路

そのため道路や駐車場が整備されていなかったりします。

双子浜駐車場

しかし、道標が建てられているため、白浜の洞門を目印にすると、訪れるのはそう難しくありません。

双子浜の道標

なお車で訪れる際は、軽自動車か小型車がおススメです。

長瀬の岩礁

場所 鹿児島県枕崎市仁田浦町

長瀬の岩礁

関連記事

【関連記事】火之神公園 釣りができる絶景の無料キャンプ場

【関連記事】白浜の洞門 干潮時に現れる奇岩群に開いたトンネル

【関連記事】犬の白浜 枕崎の海岸で待ち伏せる大きなイッヌと白砂ビーチ

【関連記事】勾玉浜 西白沢の環状岩礁と薩南海岸の白砂ビーチ

【関連記事】瀬平自然公園 国道226号線沿いで気軽に寄れる開聞岳の定番撮影ポイント