駒宮神社

駒宮神社 神武天皇の小宮跡にあるパワースポット御鉾の窟(みほこのいわや)

駒宮神社というのは、宮崎県日南市にある神社です。

駒宮神社 拝殿

神武天皇の愛馬・龍石号を象徴する、日向シャンシャン馬の発祥地です。

ご祭神

駒宮神社 一の鳥居
神武天皇
駒宮神社 手水鉢

創建は文武天皇(在位 697~707年)の時代で、往古には相当な大社だったといいます。

駒宮神社 クリスマスの手水舎

1689年、飫肥藩初代当主・伊藤祐実(いとうすけざね)が再興しています。

駒宮神社 参道の石段

駒宮神社があるのは、1889年(明治22年) 町村制施行前の平山村、施行後の東郷村です。

駒宮神社 神話の日南市の標柱

社地は、吾平津姫を妃に迎えたあと、愛馬・龍石号とともに住んだ、少宮跡とされます。

駒宮神社 二の鳥居

神武天皇は東征前、日向国時代の名を神倭伊波礼昆古命(かむやまといわれひこのみこと)といいます。

駒宮神社 百度石

周辺には、東征前の神武天皇の伝説が語り継がれます。

駒宮神社 神武天皇の像

神武天皇の伝説

駒宮神社 龍石号の像

神倭伊波礼昆古命が船つりをしていると、龍神が現われ龍石という龍馬を賜れました。

駒宮神社 ウマの像

この地を離れ宮崎の宮に移るとき、愛馬・龍石号を放牧したといいます。

宮崎交通 立石バス停

のちに放牧地は牧場となり、「龍石」転じて「立石」という地名になったといわれます。

宮崎交通 立石バス停

これが日本初の牧場ともいわれています。

立石海岸

神武天皇駒繋の松跡

神武天皇駒繋の松跡

駒宮神社の近くには、神倭伊波礼昆古命が愛馬龍石をつないだ松跡が残されています。

神武天皇駒繋の松

当時この付近は入江で、鵜戸の父君(ウガヤフキアエズノミコト)に面会に行かれるためにご使用になられた舟や、愛馬龍石をつながれた松跡と伝わります。

神武天皇駒繋の松跡

「神武天皇駒つなぎの松跡」として史跡となっています。

神武天皇駒繋の松

日向シャンシャン馬発祥の地

駒宮神社 龍石号の像

江戸時代になると、立石牧場で馬追をする際には、駒宮神社に参るようになります。

駒宮神社 龍石号の碑

また、例祭には近郷の農耕馬が馬鈴をつけて着飾り、馬踊りを奉納したり、馬のせり売りが
行われるようになりました。

駒宮神社 日向シャンシャン馬発祥の地

これが、「日向シャンシャン馬」 の原型といわれています。

駒宮神社 狛犬ならぬ駒馬(阿形)

駒宮神社のお神使いは、狛犬ならぬ独馬です。

駒宮神社 狛犬ならぬ駒馬(吽形)

御鉾の窟

駒宮神社 御鉾の窟(みほこのいわや)

御鉾の窟(みほこのいわや)というのは、神倭伊波礼昆古命が宮崎へ向かわれるとき、御鉾を納めた巨石といわれています。

駒宮神社 御鉾の窟(みほこのいわや)

御鉾の窟は3つのパワースポットを内包しています。

駒宮神社 パワースポット

御鉾の窟跡(みほこのいわやあと)

駒宮神社 パワースポット1 御鉾の窟跡(みほこのいわやあと)

大きな一枚岩は、古代から神霊が宿るとか考えられ、巨石信仰の対象とされています。

駒宮神社 御鉾の窟跡(みほこのいわやあと)

龍神さまのお姿

駒宮神社 パワースポット2 龍神様のお姿

御鉾の窟の上部にあるくぼみには、龍神さまのお姿が現れています。

駒宮神社 龍神様のお姿

陰陽石と銭石

駒宮神社 パワースポット3 陰陽石と銭石

御鉾の窟の右側には、不思議なことに陰陽石が現れています。

駒宮神社 陰陽石

夫婦円満さらには子授けのご利益があるとされます。

駒宮神社 陰陽石

ペット守護の神さま

駒宮神社 ペット守護の宮

駒宮神社のもうひとつの特徴は、ペットの守護神です。

駒宮神社 ペット神社

神武天皇が愛馬・龍石号を大切にしたことから、ペットの神さまになっています。

駒宮神社 ペット神社のイヌ

社殿横にペット守護の宮が鎮座します。

駒宮神社 ペット神社のネコ

場所 宮崎市日南市平山 1095

駒宮神社

関連記事

【関連記事】鵜戸神宮 日南海岸の名勝・聖域感満載スポット

【関連記事】吾平津神社 油津港と堀川運河を見守る乙姫さん

【関連記事】榎原神社 楼門の仁王像に守られる鐘楼のある神社

【関連記事】日向国神名帳令和版 神話の里・宮崎の神社一覧表