黒神岩

黒神岩(阿久根市) 海岸から離れた場所に佇む大岩礁の伝説

黒神岩というのは、 鹿児島県阿久根市にある岩礁群です。

黒神岩

阿久根空襲では、周辺を被災から守った海神が宿るといわれるパワースポットです。

阿久根の七不思議

黒神岩は、黒く大きな岩礁で、 1つの重さは10トンといわれています。

黒神岩(阿久根市)

海から約1km 内陸にあるにもかかわらず、表面には貝殻がついているため、 阿久根の七不思議のひとつに数えられています。

黒神岩

海から運んできたとは考えにくく、このあたりは昔海だったと考えられています。

黒神岩の案内標柱

岩の周辺は黒神岩緑地公園として整備され、市民の憩いの場になっています。

黒神岩の伝説

南北朝時代、周囲は湿地帯で何もなかったといいます。

黒神岩緑地公園

一体は盗賊が住処としており、付近を通る人々を襲っていました。

黒神岩の説明標

武士、 商人、農民、女子、老若男女問わず捕まえては容赦なく斬り捨てていました。

黒神岩緑地公園

遺体はすべて、湿地帯に放置されていました。

黒神岩緑地公園の門柱

ある時、盗賊たちはこつぜんと姿を消します。

黒神岩(阿久根市)

人々は黒神岩の怒りに触れたのではないかとうわさしていました。

黒神岩緑地公園 アコウの木

盗賊たちはどこか移り住んだのか、 結局理由もわからないままでした。

黒神岩緑地公園 アコウの木

その後、湿地帯は田に変わり、集落が形成されています。

黒神岩緑地公園

盗賊たちの忌まわしい記憶も徐々に忘れ去られていきました。

地表に現れた黒神岩

当時の黒神岩は、田んぼから少し頭を出す程度の小さな岩礁にすぎませんでした。

黒神岩

わずかの間に地面が隆起し、 少し見えていた岩が地表に表れたほか、新しい岩も姿を現しました。

黒神岩

その表面には、苦悶の表情を浮かべる男たちの顔が浮かび上がっていたといいます。

黒神岩

これを見た集落の人々は、 悪行の限りを尽くした盗賊たちの顔であると恐れました。

黒神岩

黒神岩が盗賊たちを飲み込み巨大化したと考え、岩の表面をたたき壊したと伝わります。

黒神岩のミステリー

先の大戦では阿久根市も空襲により焼け野原となっています。

黒神岩

ところが、 黒神岩の周辺は爆撃を免れたため、 岩には海神が宿るといわれるようになっています。

黒神岩

黒神岩の恐ろしい伝説を知るのは、代々この地に住む住民の一部だけとなっていました。

黒神岩

実は現在でも、黒神岩では怪現象が起きるといわれています。

  • 複数の男のうめき声がきこえた
  • 岩の表面から顔と手が這い出してきた

場所 鹿児島県阿久根市波留

関連記事

【関連記事】川平の巨石群 火山活動と途方もなく長い年月が築いた神秘的な風景

【関連記事】佐潟の洞窟 甑島へ続くほら穴と佐潟鼻の360°美しい風景

【関連記事】牛ノ浜海岸 すみっ瀬の背景に沈む夕日を見てみたい憧憬スポット