メリ穴

メリ穴 異空間につながり一晩でニワトリが移動したミステリー洞穴

メリ穴というのは、熊本市南区城南町にある洞穴です。

メリ穴

水神が宿る古代からの聖地で、一帯には古代遺跡が残されています。

水の湧く洞穴

メリ穴公園のサクラ

周辺は阿蘇山の大噴火の際、火砕流が堆積した地域です。

尾窪墓穴墓群とメリ穴の説明板

メリ穴は長い年月の間に、湧き水が浸食し、自然にできた洞穴です。

メリ穴 湧水池

現在も、奥の天井からは水が湧き出ています。

メリ穴周辺地図

その後、一帯には古代から人が住み、近くではおおくの遺跡が見つかっています。

鶴横穴墓群と塚原古墳群の案内標柱

塚原(つかわら)古墳は、1972年(昭和47年)、九州自動車道の掘削工事でみつかった遺跡です。

メリ穴 熊本県平成の名水百選認定証

計画では山を切り開き高速道路を通す予定でしたが、保存のため遺跡直下にトンネルがつくられています。

メリ穴 参り穴の石碑

古代からメリ穴には水神をまつり、「参り穴」といわれていたことから、「メリ穴」とよばれるようになったと考えられています。

メリ穴 入口の橋

メリ穴の伝説

メリ穴と標柱
夕方、ニワトリをメリ穴に入れると、翌朝轟水源で鳴いた
メリ穴 説明板

メリ穴に伝わる有名な伝説です。

轟水源というのは、メリ穴から10km西にある宇土市の水源です。

メリ穴 標柱と小洞穴

穴が奥でつながっているのか? それとも異空間を移動したのか?

メリ穴 小洞穴

謎は深まるばかりです。

メリ穴 前の池

立入禁止

メリ穴 立入禁止の表示

2016年(平成28年)の熊本地震までは、メリ穴に入ることができました。

メリ穴 崩落のため立入禁止の表示

しかし、現在は崩落の危険性があるため、立ち入り禁止になっています。

メリ穴 深部

メリ穴の奥の方は、昼でも真っ暗です。

メリ穴

もし入ることができたとしても照明器具なしに、奥へ入るのはムリでしょう。

メリ穴 近くの菜の花畑にいたハチ

尾窪横穴墓群

尾窪横穴墓群

メリ穴近くの丘の斜面には、たくさんの横穴がみられます。

尾窪横穴墓群 説明板

こちらは尾窪横穴墓群といい、人工的に掘られた古代人のお墓です。

尾窪横穴墓群

古墳時代から奈良時代にかけての遺跡となります。

尾窪横穴墓群のある丘

場所 熊本県熊本市南区城南町藤山

関連記事

【関連記事】娑婆神峠 歴史上2度の激戦が繰り広げられた薩摩街道の難所

【関連記事】永尾剱神社 海に浮かぶ幻「不知火」と現実に不知火海に浮かぶ鳥居

【関連記事】九州南部のミステリースポット まとめ