緑川ダム

緑川ダム 折れ曲がったうえ補助ダムをもつ複雑な地形にあるダム

緑川ダムは、熊本県下益城郡美里町にある多目的ダムです。

緑川ダム

堤頂部が折れ曲がった重力式コンクリートダムと、ロックフィルダムの補助ダムからなります。

歓迎ムード

ダム周辺の雰囲気には、歓迎ムードが漂います。

緑川ダムの苔アート
WELCOM MIDORIKKAWA DAM

通常時には補助ダムには水がありません。

緑川補助ダム

補助ダムの上流部はダム広場になっています。

緑川ダム ダム広場

イベント会場や駐車場に使われているようです。

美里町ガーデンプレイス家族村

右岸側には、「美里町ガーデンプレイス家族村」というキャンプ場があります。

美里町ガーデンプレイス家族村

さらにその上流には、「フォレストアドベンチャー美里」というアウトドアパークがあります。

緑川ダム 駐車場

ダム自体も観光スポットとなっています。管理所の下の駐車場には、ダム資料館や軽食施設がならんでいます。

緑川ダム 苔アート
くまもん

土手ののり面に描かれた、くまモンが出迎えてくれます。

緑川ダム みどりっこ情報室

ダム資料館は、みどりっこ情報室といいます。

緑川ダム ダム資料館 臨時休館中の電光掲示

コロナウイルスで臨時休館中ですが、収束すればきっと再開します。

緑川ダム ダムカレー

ダムカレーは、土・日曜日限定で食べることができます。

緑川ダム 休憩所

管理所は国土交通省の直轄ダムにふさわしい立派なものです。

変則的なダム

ダムとしては、かなり変則的です。

緑川ダム 堤頂部

コンクリート重力式ダムは、堤頂部が一直線であることが多いです。

緑川ダム 堤頂部

まれに、折れ曲がったダムもありますが、U型に曲がっています。

緑川ダム
緑川ダム管理所

緑川ダムの堤頂部はZ型に折れ曲がっています。

有峰ダム
ダム湖の風景 有峰ダム

富山県の有峰ダムとならぶ左右に曲がるダムです。

緑川ダムと緑川補助ダム
緑川ダム管理所

おまけに、ロックフィルダムの補助ダムがセットになっています。

主ダム

洪水調整、かんがい、河川維持、発電を目的に造られた、多目的ダムです。

緑川ダム 放水ゲート

オリフィスゲート(常用洪水吐)が3門、クレストゲート(非常用洪水吐)が2門設けられています。

緑川ダム 下流部

いずれもラジアルゲートを採用しています。

緑川ダム

下流側からは見えませんがコンジットゲート(堤体下部の放流管)は選択取水式です。

緑川ダム

上流と水温や濁り具合が、同じような深度の水域層を選択し水を放流します。

緑川ダム

これは、下流域の環境への影響を減らすためです。

緑川補助ダム

脇ダムという呼び方もしています。

主ダムとは接続していないので、独立したダムとして扱われています。

緑川補助ダム

緑川補助ダムは、ロックフィルダムを採用しています。

上流部は岩の感じがはっきり残っています。

緑川補助ダム

一方、下流部は一面草に覆われています。

覆土により緑化したものです。

緑川ダム 記念碑

満水時には、もちろん補助ダムも貯水することになります。

肥後みどりかわ湖

緑川ダムのダム湖は、「肥後みどりかわ湖」と名付けられています。

肥後みどりかわ湖の碑

肥後みどりかわ湖の真ん中に浮かんでいるのは「ばっ気式循環装置」です。

緑川ダム ばっ気式循環装置

この装置は、泡を発生させ上昇流を起こします。

肥後みどりかわ湖

これにより水を循環させ、水の温度を下げたり、光の受け具合を調整しています。

諸元

緑川ダム

緑川ダム

名称緑川ダム
場所熊本県下益城郡美里町洞岳
水系緑川
河川緑川
型式重力式コンクリート
事業者九州地方建設局
施行者飛鳥建設
ダム湖肥後みどりかわ湖
目的洪水調節/河川維持用水/かんがい用水/発電
最高出力
(発電)
28,500kW
堤高76.5m
堤頂長295.3m
堤体積367千㎥
流域面積359㎢
湛水面積181ha
総貯水容量46,000千㎥
有効貯水容量35,200千㎥
着手/竣工1964/1970

緑川補助ダム

名称緑川補助ダム
場所熊本県下益城郡美里町洞岳
水系緑川
河川緑川
型式ロックフィルダム
事業者九州地方建設局
施行者飛鳥建設
ダム湖肥後みどりかわ湖
目的洪水調節/河川維持用水/かんがい用水/発電
最高出力
(発電)
堤高35m
堤頂長244m
堤体積347千㎥
流域面積359㎢
湛水面積181ha
総貯水容量46,000千㎥
有効貯水容量35,200千㎥
着手/竣工1964/1970

関連記事

【関連記事】九州のダム全制覇を目指すマガジン – note

【人気記事】一度は見ておきたい 南九州の大型ダム3選

【関連記事】ダムマニア向け記事 まとめ

【関連記事】ダムがもっと好きになる ダムを楽しむ本をチェックしてみた