薩摩高城駅

薩摩高城駅 おれんじ鉄道社員が開発した観光駅

薩摩高城駅(さつまたきえき)は、鹿児島県薩摩川内市にある、肥薩おれんじ鉄道の駅です。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅

かつては鹿児島本線の無人駅でしたが、最近は周辺が開発され観光列車の停車駅となっています。

湯田口海岸

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 湯田口海岸

湯田口海岸は、薩摩高城駅の海沿いにある海岸で、薩摩高城駅を通らないと行くことができません。

湯田口海岸の元海水浴場

湯田口海岸は、かつては海水浴場でした。

湯田川河口

海水浴場がある当時は、シーズンになると摩高城駅はとても混雑していました。

湯田口海岸

白砂と青い海がとても美しい海岸ですが、浅瀬が少なく潮の流れが速いので、現在は遊泳禁止になっています。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 湯田口海岸

ハートロック

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 ハートロック

湯田口海岸から見える岩のハート型のくぼみがある岩を、ハートロックとよんでいます。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 ハートロック

意中の人のハートをロックします。

湯田口海岸のハートロック

放ちの鐘

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 放ちの鐘

放ちの鐘は、藤川天神にまつられる、菅原道真公の伝説にちなむ鐘です。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 写真撮影用の看板

藤原時平の陰謀で太宰府に左遷された道真公は、迫る刺客から逃れるためにさらに南下しています。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 湯田口海岸への道

お告げのあった湯田口海岸の洞門で、鈴を鳴らすと潮が引き不要なものは沖へと消えました。

湯田口海岸 ハートロックと放ちの鐘

身軽になった道真公は、山を越え東郷の藤川で天神さんとなられたという伝説があります。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 ハートロックと放ちの鐘

いつしか、放し事を引き潮時に念じれば叶う聖地となっています。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 ハートロックと放ちの鐘

ご利益は、放し事・捨て事・絶ち事・縁切りなどです。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 放ちの鐘の説明板

となりどうしに配してありますが、ハートロックとは一線を画す鐘です。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 放ちの鐘

東シナ海に一番近い駅

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 駅名標

薩摩高城駅は、1952 年(昭和27年)に開駅したときは、駅舎もあり有人駅でした。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 1番ホームの待合所

1963年(昭和38年)に無人化され、1976年(昭和 51 年)には駅舎も撤去されています。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 跨線橋

海水浴場が廃止された後は、砂浜や砂防林が荒れてしまいました。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 2番ホーム

2013年(平成25年)から、おれんじ鉄道の社員により駅周辺が整備されています。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 開発ものがたり

その様子を撮影した写真を、2番ホームの待合所で見ることができます。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 社員により開発された湯田口海岸への道

砂防林の中にある海岸への道も、社員によって造られています。

湯田口海岸

現在は「東シナ海に一番近い駅」というキャッチフレーズで、観光地となっています。

観光列車 おれんじ食堂

肥薩オレンジ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」の停車駅です。

ようこそ湯田町・薩摩高城駅へ
ななつ星in九州元停車駅

さらに、JR九州の観光列車「ななつ星in九州」も停車していました。

薩摩高城館

駅前にある薩摩高城館は、2020年(令和2年)にオープンした観光物産館です。

薩摩高城館

観光地としての雰囲気が充実しました。

肥薩おれんじ鉄道薩摩高城駅 1番ホームを発車した列車

場所 鹿児島県薩摩川内市湯田町

薩摩高城館から見たおれんじ鉄道の線路

関連記事

【関連記事】かぞくいろ 想像以上に感動する肥薩おれんじ鉄道沿線ロケ地めぐり

【関連記事】川内駅 2019年度駅市売れ筋2位は川内名物ちんこだんご

【関連記事】鉄道関連記事 まとめ

【関連記事】川内高城温泉 西郷どんが愛した昔の姿を残す温泉街