曽木の滝公園 伊佐市の一大観光地で、文筆の神様を発見

曽木の滝公園は、鹿児島県伊佐市にある、自然にできた滝の周辺を整備した公園です。 

曽木の滝

なんとついたキャッフレーズは、 

東洋のナイアガラ
ナイアガラの滝 注)曽木の滝ではありません。
  • 「鹿児島のナイアガラ」
  • 「九州のナイアガラ」
  • 「日本のナイアガラ」

では収まらなかったのでしょうね。 

「東洋のナイアガラ」というところに、そのスケールの壮大さが伝わります。 

かといって、本家のナイアガラの滝を想像して訪れないほうがいいと思います。 

滝の幅が210m、高さが12mと聞くと、「まあ、そんなものか」と納得できます。 

しかし、自然が永年かかって創った景観と考えると、壮大なスケールであることに違いはありません。 

滝の部分の奇岩は「千畳岩」とよばれています。 

観光地として整備されていますので、安全に近くから見ることができます。 

季節ごとの変化 

曽木の滝は、訪れる時期で違った一面をみることができます。

冬 

今回私が訪れたのは冬場で、流量が少ない時期でした。 

冬は、観光客が少なめになります。 

寒いのさえガマンすれば、スポットをゆっくり堪能できる、オススメの季節です。 

春 

曽木の滝周辺は、サクラが植林してあります。 

サクラの開花に合わせてイベントが開催されます。

2020年も、新型コロナウイルスさえなければ、多くの人が集まったことでしょう。 

例年のサクラの見頃は、3月中旬から4月上旬です。 

ゴールデンウィーク前後にはツツジが見頃となります。 

夏 

滝の迫力と轟音を楽しむなら、夏に訪れるのがおススメです。 

梅雨の時期になると、川内川の流量が増えます。 

ながめるだけでも涼しくなります。 

計測データはありませんでしたが、マイナスイオンも増量していると思います。 

秋 

秋に訪れると、紅葉が楽しめます。 

滝の迫力と、モミジやイチョウが色づいた景観は、映えスポット以外の何ものでもありません。 

撮影技術のウデがなくても、映え写真となるのでおススメです。 

例年の紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬です。 

おみやげ 

伊佐市随一の観光スポットということは、当然おみやげ屋さんが集結してます。 

伊佐市だけでなく、鹿児島県中の特産品があります。 

私は、滝を全くみないで、お土産だけを買いにいったことが何回かあります。 

グルメ 

曽木の滝は昔からの観光地です。 

お食事スポットも、老舗から新鋭店までそろいます。 

私は、コイ料理を食べたいためだけに、曽木の滝公園にリピートしています。 

コイコクは量が多いので、食べるなら2人以上で行くようにしています。

清水神社 

公園内にある神社です。 

ブロガーご用足し、文筆の神様です。

実は、今回初めて気付きました。

 

縁結び、安産にご利益があるということです。 

滝見学のついでに訪れる方も多いようです。 

読みかたは、「しみずじんじゃ」みたいです。

水神社

水神社は、水難防止と船の安全運航を祈願してつくられた神社です。

鶴田ダムの完成で、水没することになり公園内へ遷座されているようです。

碑文をそのまま写してありますが、4文字が不詳文字です。

万一不詳でなかったとしても、私には碑文に書いてある意味が、全くわかりませんでした。

近代史

旭化成やチッソ(現:JNC)の生みの親、野口遵(したがう)が目をつけたのが、滝の高低差でした。 

これを利用して、水力発電所をつくりました。

この発電所は、のちに曽木第一発電所とよばれています。 

その後、大洪水により、曽木第二発電所に役目を譲っています。 

公園内には取水口の水路遺構が残っています。 

有名なダム湖に沈む遺構は、発電量を増やすためにつくられた曽木第二発電所です。 

曽木第二発電所も鶴田ダムの完成で、操業をやめています。

現在は、新曽木の滝発電所が、取水口を引き継いでいます。

公園内で、取水施設を見学できるようになっています。

場所 鹿児島県伊佐市大口宮人628−41