西都市立東陵中学校

東陵中学校 ダムに翻弄された東米良村にあった伝説の中学校

東陵中学校は、かつて宮崎県西都市にあった公立中学校です。

西都市立東陵中学校 木造校舎

山の尾根近くにあり、1975年(昭和50年)まで、通学路は山道しかありませんでした。

東米良村

西都市東米良婦人部 無人販売所

東米良村というのは、かつて西都市の北西部にあった地方自治体です。

西都市立東陵中学校 宮崎交通東陵校前(旧十五番)バス停前の一ツ瀬川

典型的な山村でしたが、一ツ瀬ダム建設で村は大きく変わります。

西都市立東陵中学校 校門

当時は、約4.500人の村民がいたのですが、うち496人が水没地域に住んでいました。

西都市立東陵中学校 校門

その他に、住宅は水没しないものの、所有する農地や山林が水没し影響を受ける人たちが、241人いました。

西都市立東陵中学校 門柱と表札

もともと、高度経済成長により人口流出がはじまっていた地域です。

西都市立東陵中学校 門柱

ダムの建設は、輪をかけて多くの住民が村外へ流出するきっかけとなってしまいました。

西都市立東陵中学校 門柱

最も影響を受けたのが、 一ツ瀬川沿いと銀鏡(しろみ)川沿いの開けた地域です。

西都市立東陵中学校 校門横のトイレ

それは、比較的裕福な住民が転居を迫られたことを意味しました。

西都市立東陵中学校 校門横のトイレ

市村合併

西都市立東陵中学校 校門横のトイレ内部

ダム計画以前は、地理的な条件から西都市との合併は不可能といわれていました。

西都市立東陵中学校 閉校記念碑

ところが、ダム建設をすすめる過程で、西都市との合併協議が進みます。

西都市立東陵中学校 閉校記念碑の裏に書かれた沿革

1963年(昭和38年)ダム竣工により、耕作地と集落を失った東米良村は、その後も人口流出が続くことになります。

西都市立東陵中学校 木造校舎

1962年(昭和37年)西都市と合併し、地方自治体としての東米良村は幕を下ろします。

西都市立東陵中学校 西都市風水害避難所の表示板

また、峠の先にある中之又地区(人口 800人)は、木城町へ編入されています。

西都市立東陵中学校 木造校舎

学校再編へ

西都市立東陵中学校 校舎

東陵中学校の生徒数のピークは、1959年(昭和34年)で70名の学生が通っていました。

西都市立東陵中学校 体育館

東陵中学校は一ツ瀬ダムより下流ですが、校区内には水没地を含んでいます。

西都市立東陵中学校 体育館

道路改良により、西都市や宮崎市への時間的距離は短縮されました。

西都市立東陵中学校 体育館

しかし、それが子育て世代の流出に拍車をかけます。

西都市立東陵中学校 体育館の校章

ダム水没と市村合併そして人口減少により、東米良村域の公立学校は統廃合が進むことになります。

西都市立東陵中学校 鉄鋼造校舎

1987年(昭和62年)、東陵中学校も、西都市立穂北中学校へ統合することになりました。

西都市立東陵中学校 鉄鋼造校舎

山の尾根にある校舎

西都市立東陵中学校

東陵中学校は、東米良村の東部を校区としていました。

西都市立東陵中学校 校地ある山

平地の少ない尾八重地区で、広い敷地を確保するために、山の尾根に校地が拓かれています。

西都市立東陵中学校 宮崎交通東陵校前(旧十五番)バス停

1975年(昭和50年)に車道ができるまでは、バス停から山道が通学路になっていました。

西都市立東陵中学校 旧通学路

今となっては山道は、滑落の危険があり、とてもおススメできません。

西都市立東陵中学校 車道の倒木

車道は現在も残っていますが、山の急斜面にあり落石があるので、車で行くのは厳しいです。

西都市立東陵中学校 車道の落石

ある程度、倒木の除去はされていて、登山に比べると安全に歩くことはできます。

西都市立東陵中学校 アクセス道路最大の難所

一番の難所です。

西都市立東陵中学校 アクセス道路最大の難所

二輪車でも厳しいです。

西都市立東陵中学校 直下の国道219号線

現在の国道 219号線は、学校直下をくぐるトンネルの中を走っています。

西都市立東陵中学校 宮崎交通東陵校前(旧十五番)バス停前の一ツ瀬川

手入れが行き届いた運動場

西都市立東陵中学校 運動場

不思議なのは、運動場の手入れが行き届いていることです。

西都市立岩井谷小学校 運動場

こちらは岩井谷小学校の運動場ですが、使わないグランドはこの状態が当たり前です。

西都市立東陵中学校 運動場

車も入らないのに、東陵中学校の運動場はしっかり手を入れてあります。

西都市立東陵中学校 運動場

中へと誘う玄関

西都市立東陵中学校 玄関

普段は校舎内には入らないようにしていますが、東陵中学校は玄関が開けてあります。

西都市立東陵中学校 玄関内部

まるで校舎内に誘われているようです。

西都市立東陵中学校 校舎内部

気づいたときには、中へ入っていました。

西都市立東陵中学校 音楽室のピアノ

まるで、中を見てから帰ってほしいと訴えているような気がしました。

西都市立東陵中学校 音楽室のみこし

学校当時のものが多く残り、30年以上前に廃校となったとは思えません。

西都市立東陵中学校 昭和61年度使用教科書

当時の教科書もそのまま残っていて、荒らされた形跡もありません。

西都市立東陵中学校 現役時の航空写真

現役時の、航空写真もそのままです。

西都市立東陵中学校 教師の信条

生徒向けではなく、先生向けの掲示物があるということは職員室です。

西都市立東陵中学校 行事予定表

なんと、学校として最終月の行事予定がそのまま残っています。

西都市立東陵中学校 表彰状

ここには卒業生の思い出が、そのまま残っています。

西都市立東陵中学校 卒業生のメッセージ

いつ帰ってきてもいいように、玄関を開けてあるのだと気づきました。

西都市立東陵中学校 2階への階段

いつもなら絶対に昇ろうとも思わない2階へも、誘われるように昇りました。

西都市立東陵中学校 2階廊下

やっぱり、そうです。

西都市立東陵中学校 教室

教室さえも、最後の登校日のままです。

西都市立東陵中学校 教室に残された卒業生のメッセージ

実際に卒業生が訪れていて、校舎もそれを待ちかねているように感じました。

西都市立東陵中学校 2階廊下

入るのを拒む木造校舎

西都市立東陵中学校 木造校舎の屋根

一方で木造校舎のほうも、入ろうと思えば入ることができます。

西都市立東陵中学校 木造校舎の廊下

しかし、こちらは中へは誘われませんでした。

西都市立東陵中学校 木造校舎の倒壊ヶ所

屋根が破損している部分から、倒壊がはじまっています。

西都市立東陵中学校 木造校舎内部

しかも、校舎内に思い出の備品は残されていません。

西都市立東陵中学校 木造校舎の外壁

いつものように外から見て、在りし日の姿を思い浮かべるのが木造校舎の楽しみです。

西都市立東陵中学校 木造校舎の内部

いつまでも、変わらぬ姿で卒業生を出迎えてほしいと、心から思いました。

西都市立東陵中学校 鉄骨造校舎と木造校舎の渡り廊下

沿革

西都市立東陵中学校 沿革を書いたプリント
1947年(昭和22年)東米良村立岩井谷小学校に併設し、東米良村立東中学校として創立
尾八重分校と中之又分校を設置
1948年(昭和23年)現在地へ移転
1949年(昭和24年)三納村立三納中学校片内分校を併合
1951年(昭和26年)東米良村立東陵中学校へ改称
1962年(昭和37年)西都市立 東陵中学校へ改称
尾八重分校が独立
1967年(昭和42年)西都市立銀鏡中学校中尾分校を併合
1969年(昭和41年)中之又分校が独立
1975年(昭和50年)車道開通
1977年(昭和52年)現校舎落成
1982年(昭和57年)西都市立尾八重中学校を併合
1987年(明和62年)西都市立穂北中学校へ統合
閉校

場所 宮崎県西都市尾八重527

関連記事

【関連記事】岩井谷小学校 マニアの間では有名

【関連記事】一ツ瀬小学校 ダム水没地の苦悩

【関連記事】一ツ瀬ダム 優雅な曲線美を見せる九州最大の水がめ

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】遺構めぐりが楽しくなる本 いまそこにある建物の目的と背景