湯の谷キャンプ場

湯の谷キャンプ場 あの有名な阿蘇観光ホテル直営キャンプ場

湯の谷キャンプ場は、かつて熊本県長陽村(現在の南阿蘇村)にあったキャンプ場です。

湯の谷キャンプ場 ジャングルジムとすべり台

名前の通り、キャンプ場周辺を湯の谷温泉といっていました。

昔の記憶

湯の谷キャンプ場への道

湯の谷キャンプ場には、私自身行ったことがあります。

湯の谷キャンプ場への道から少しだけ見える阿蘇観光ホテル

正確に言うと、キャンプ場に一泊した記憶があります。

湯の谷キャンプ場への道 段差あり工事中の看板と積まれた土嚢袋

それが湯の谷キャンプ場ということは、全く意識がありませんでした。

湯の谷キャンプ場 残された遊具

クラス全員に声をかけ、希望者だけの参加でしたが20~30名はいたと思います。

湯の谷キャンプ場 ブランコ

覚えているのは、テント泊だったことと、裏山で肝試しをしたことくらいです。

湯の谷キャンプ場 プールサイド

道中はバスだったと思いますが、行程は覚えていませんし、何を食べたかも覚えていません。

湯の谷キャンプ場 プール横の建物

数十年後、なぜかふと思い出いし、もう1回行ってみたくなりました。

湯の谷キャンプ場 プールのすべり台

ネット上に情報がない

湯の谷キャンプ場 プール

ネットで検索するのですが、手掛かりは阿蘇のキャンプ場しかありません。

湯の谷キャンプ場 遊具広場

ヒットするキャンプ場はすべて見ましたが、思い出のキャンプ場はみつかりませんでした。

湯の谷キャンプ場 倉庫?

そこで、必死に記憶をたどると、湯の谷温泉というのを思い出しました。

阿蘇観光ホテルの赤い屋根

で、ヒットしたのが阿蘇観光ホテルです。

阿蘇観光ホテルの赤い屋根

それを見て、キャンプ場の上の方に大きなホテルがあったのを思い出しました。

湯の谷キャンプ場から見える阿蘇観光ホテル

阿蘇観光ホテル

往時の阿蘇観光ホテル

阿蘇観光ホテルは、天皇陛下が3回もお泊りになられた格式高いホテルです。

往時の阿蘇観光ホテル

2000年(平成12年)に営業を終了しています。

現在は、廃墟マニアの間では、大型物件として有名なスポットになっています。

往時の阿蘇観光ホテル

阿蘇観光ホテルについては、すでに多くの人が記事にしていますのでイメージはつかめていました。

往時の阿蘇観光ホテル別館

昔から行ってみたいとは思っていましたが、現在は立入禁止ときいていました。

湯の谷キャンプ場 倉庫?

そのうえ熊本地震で道路が寸断されたときいていたので、二の足を踏んでいました。

湯の谷キャンプ場 傾いた建物

蘇らなかった記憶

湯の谷キャンプ場

熊本県博物館ネットワークセンター 収蔵資料データベース

あとで調べてわかったことを書いておきます。

湯の谷キャンプ場 傾きガラス窓の割れた建物

湯の谷キャンプ場は、阿蘇観光ホテルの直営キャンプ場でした。

阿蘇観光ホテル直営 湯の谷キャンプ村入口にあった看板

阿蘇観光ホテルがまだ営業していたころ、キャンプ場内で突然噴気活動がはじまります。

湯の谷キャンプ場 倉庫内部

そのためキャンプ場は閉鎖されています。

湯の谷キャンプ場 倉庫内部

その後、キャンプ場は再開されないうちに、阿蘇観光ホテルも営業を終了しています。

湯の谷キャンプ場 ブランコとプール

訪れてみると確かに昔見たあの風景でした。

湯の谷キャンプ場

現地で当時の記憶をたどりましたが、それ以上のことは思い出すことはできませんでした。

湯の谷キャンプ場 バンガロー?

場所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野

関連記事

【関連記事】卑弥呼の里 阿蘇の草原に残される大型リゾート構想の夢の跡

【関連記事】押戸石の丘 マゼノミステリーロード沿いの謎に包まれた巨石群

【関連記事】九州南部の遺構探訪記事 まとめ