霧島東神社

霧島東神社 御池に棲む九頭龍の安息地

霧島東神社は、宮崎県西諸県郡高原町にある神社です。

霧島東神社

龍神伝説のある御池(みいけ)の上にたたずむ、パワースポットです。

ご祭神・ご利益

主祭神

主祭神は2柱です。

  • 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
  • 伊邪那美命(いなざみのみこと)
霧島東神社 駐車場

相殿神

  • 天照大神(あまてらすおおみかみ)
  • 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
  • 天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)
  • 彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
  • 鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)
  • 神日本磐余彦尊(かむやまといはれひこのみこと)
霧島東神社 入り口

ご利益

夫婦和合・子宝・家内円満・子孫繁栄にご利益があるとされます。

霧島東神社 摂社群

御池

霧島東神社の参道から見える湖が御池です。

霧島東神社から見た御池

御池は約 4,600 年前に噴火した火口に、地下水がたまってできたカルデラ湖です。

霧島東神社から見た御池

水深は、最も深いところで100mを超え、九州で一番深い湖といわれます。

御池

御池には九頭を持つ龍神が住むという言伝えがあります。

御池

忍穂井(おしほい)

忍穂井(おしほい)は、神龍の泉ともいわれます。

龍神の安息地です。

霧島東神社 穂井(おしほい)

社の中に泉があり、太古から霊泉として効験があるといいます。

ただし、「東方からこの池に女人の影が映るたちまち異変がある」と伝えらています。

忍穂井(おしほい)

特に女性は、泉をのぞき込んではいけないといけないということです。

また、「汲みだした神水は、わずかでも不敬の扱いはしてはいけない」とされます。

境内

それでは、お詣りします。

霧島東神社 両部式鳥居

石段入り口の両部鳥居です。

霧島東神社 手水舎

参道の石段の途中に手水舎があります。

霧島東神社の石段

参道は思ったほど険しくありません。

霧島東神社 神門

参道の階段を登ると、立派な山門が建てられています。

霧島東神社 神門

神門には、大きな紋が入っています。

霧島東神社 神符守札授与所と摂社群

山門をくぐったところに、神符守札授与所と摂社群が配されています。

霧島東神社 社殿前の石段

最後の石段を登ると社殿です。

霧島東神社 拝殿

拝殿です。扁額は1666年に、薩摩藩主・島津光久公が寄進したものです。

東霧島神社の扁額
東霧島坐というのは、「霧島の東に坐(いま)す」という意味です。

東霧島坐というのは、「霧島の東に坐(いま)す」という意味です。

霧島東神社 社殿

本殿は構造がよく見えるようにガラス張りです。

霧島東神社 本殿

錫杖院

錫杖院(しゃくじょういん)というのは、性空上人(しょうくうしょうにん)が開山した、霧島東神社の別当時です。

性空上人(しょうくうしょうにん)開山の碑

神門の下に、性空上人の開山念碑があります。

錫杖院(しゃくじょういん)墓地

最盛期には、なんと360名もの山伏行者がいた、修験道の修行場でした。

霧島山信仰の神社を霧島六社権現として、体系付け整備した人こそ性空上人であるといわれています。

霧島東神社 法栄殿

霧島東神社にとどまらず、霧島六社権現を語るに欠かせない人物です。

登拝修行道 入り口

拝殿の左手には、かつての山伏行者たちの、登拝修行道の入り口があります。

ヤマヒルやマムシの被害がでています。
林野へは立ち入らないでください。

しかし、境内周辺の山林にはヤマヒルやマムシがいるので、立ち入らないほういいでしょう。

天の逆鉾

霧島六社権現は、もともと霧島山の山岳信仰からはじまったと考えられています。

天孫降臨伝説で、瓊瓊杵尊が天下った場所が高千穂峰の山頂です。

天の逆鉾

高千穂峰の山頂は、瓊瓊杵尊が鉾を天に向けて刺したといわれており、「天の逆鉾」とよばれています。

天の逆鉾は、東霧島神社の飛地境内となっています。

高千穂峰

高千穂峰山頂は、標高 1574mになります。

本格的な登山装備が必要です。

高千穂峰への霧島東神社登山口

東霧島神社下の登山口から登ると、山頂までは片道3時間半くらいかかります。

一般的な登山道は高千穂河原の登山口から登るルートで、距離、高低差とも約半分になります。

場所 宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田6437

関連記事

【関連記事】霧島神宮 いわずと知れた観光地で艦これ聖地

【関連記事】東霧島神社 鬼に作らせた参道のワイルドな石段がすごい

【関連記事】日向国神名帳令和版 神話の里・宮崎の神社一覧表