九州電力川内原子力発電所展示館

川内原子力発電所展示館 九州南部唯一の原発を理解するうえで貴重な資料群

川内原発は、鹿児島県薩摩川内市にある、九州電力の原子力発電所です。

九州電力川内原子力発電所展示館

九州南部で唯一の原子力発電所であり、九電全体の発電電力量の14%を川内原発で発電しています。

原子炉建屋

九州電力川内原子力発電所

事前に予約すれば、発電所内を見学することもできます。

九州電力川内原子力発電所展示館

原発入口正面の展示館なら、事前手続きなしで入館することができます。

九州電力川内原子力発電所 原子炉建屋

さらに、展示館の2階にある展望室から、建屋の実物をみることができます。

九州電力川内原子力発電所展示館の展望スペース

なお、展示室には川内原発のジオラマと航空写真が展示されていますが、撮影は禁止されています。

九州電力川内原子力発電所展示館 玄関

営業案内

九州電力川内原子力発電所展示館 看板
開館時間9:00~17:00
入場料無料
休館日年末年始(12/29~1/1)
ホームページ九州電力 川内原子力発電所展示館
九州電力川内原子力発電所展示館 玄関

実物大原子炉模型

九州電力川内原子力発電所展示館 入口

展示館の中には、原発を説明する資料が並んでいます。

九州電力川内原子力発電所展示館 実物大原子炉模型

なかでも目を引くのが、実物大原子炉模型です。

九州電力川内原子力発電所展示館 実物大原子炉模型 上部

高さが12mもあり、展示館の1階から2階まで貫通しています。

九州電力川内原子力発電所展示館 実物大原子炉模型 中部

そのスケールが体感できます。

九州電力川内原子力発電所展示館 実物大原子炉模型 下部

発電能力

九州電力川内原子力発電所展 川内原発のスペック

川内原発には2つの原子炉があり、合計で178万kwの発電能力を持ちます。

九州電力川内原子力発電所展示館 原子炉模型

九州最大の一般水力発電所となる、宮崎県の一ツ瀬発電所の最大出力が18万kWです。

九州電力川内原子力発電所展示館 火力発電所との違いを示す展示物

単純に計算すると、大型水力発電所の10倍の能力を持っています。

九州電力川内原子力発電所展示館 火力発電所との違いを示す展示物

原子力発電所の安全性

九州電力川内原子力発電所展示館 原子力発電の安全性を示す展示

原子力発電といえば、旧ソ連のチェルノブイリ発電所や、福島第一原発事故を想起します。

九州電力川内原子力発電所展示館 加圧軽水炉とチェルノブイリ原子炉と違い

川内原発展示館では、ソ連の原発とのしくみの違いがわかります。

九州電力川内原子力発電所展示館 原子力発電周辺の放射能・放射線をいつも見張っていることを示す展示物

さらに、福島第一原発を踏まえた安全対策をみることができるようになっています。

九州電力川内原子力発電所展示館 原子爆弾と原子炉の違いを示す展示物

燃料にウランを使う以上、絶対安全というのはありえません。

九州電力川内原子力発電所展示館 新エネルギーを説明する展示物

しかし、再生可能エネルギーにもメリットとデメリットはあります。

九州電力川内原子力発電所展示館 国内の原発を示す展示物

賛否を考えるうえでも、原発のしくみと安全対策を理解する必要はあります。

九州電力川内原子力発電所展示館 休憩スペース

川内原発展示館は、電力会社の立場を知るうえで貴重な施設です。

九州電力川内原子力発電所展示館 配布資料

場所 鹿児島県摩川内市久見崎町小平 1758-1

関連記事

【関連記事】薩摩川内市の南方神社 南九州の諏訪大社

【関連記事】串木野サンセットパーク 甑島の背後に沈む夕日が美しい公園

【関連記事】羽島崎神社 串木野のゴンザ神社と太郎太郎祭り