天狗鼻海軍望楼台

天狗鼻海軍望楼台 全国でも珍しい日露戦争の沿岸防衛施設遺構

天狗鼻海軍望楼台(てんぐばなかいぐんぼうろうだい)は、鹿児島県薩摩川内市にある戦争遺構です。

天狗鼻海軍望楼台(てんぐばなかいぐんぼうろうだい)

日清戦争のあとに、沿岸防衛のため造られた施設です。

望楼台とは?

天狗鼻海軍望楼台(てんぐばなかいぐんぼうろうだい)

望楼台というのは、敵国の軍艦を監視するための海軍施設です。

天狗鼻海軍望楼台 レンガ遺構

現在はレーダーがその役割を果たします。

天狗鼻海軍望楼台 レンガ遺構

前時代は海上が見渡せる場所に望楼台を置き、海軍兵が目視で敵艦を監視していました。

天狗鼻海軍望楼台 監視窓

1895 年(明治28年) 日清戦争終戦後、日本海軍は沿岸防衛のため、各地に望楼台を設置しています。

天狗鼻海軍望楼台 監視窓

しかし、現存するのはわずか数か所となっています。

天狗鼻海軍望楼台 入口
北海道稚内市宗谷岬大岬海軍望楼台
大分県佐伯市鶴御崎鶴御崎海軍望楼台
鹿児島県薩摩川内市天狗鼻天狗鼻海軍望楼台
国内に現存する望楼台遺構
天狗鼻海軍望楼台 入口のレンガ

鹿児島県では、天狗鼻と下甑島(しもこしきじま)の釣掛崎、そして佐多岬の3カ所に望楼台が置かれました。

天狗鼻海軍望楼台 レンガ部分

実戦で使われた望楼台

天狗鼻海軍望楼台 入口のレンガ

天狗鼻海軍望楼台は、1900年(明治33年)に完成しています。

天狗鼻海軍望楼台 全景

佐世保鎮守府所属の常設望楼台で、4名が宿舎に寝泊まりしていました。

天狗鼻海軍望楼台 外観

日露戦争開戦により増員されています。

天狗鼻海軍望楼台 外側から見た入口

そして、実戦で使われています。

天狗鼻海軍望楼台 監視窓

常駐する海軍兵が、ロシア軍のバルチック艦隊が北上するのを監視していました。

天狗鼻海軍望楼台の芝生広場

日露戦争の終戦を受け、1905 年(明治38年)に、海軍兵の配置は終了しています。

天狗鼻海軍望楼台から見た東シナ海

望楼台から東シナ海を見てみます。

天狗鼻海軍望楼台から見た東シナ海

なるほど、北上する艦隊が見つけられそうです。

天狗鼻海軍望楼台から見た東シナ海

しかし、天気が悪く見通しが効かなくなると厳しそうです。

天狗鼻海軍望楼台から見た東シナ海

周辺には建物も農地もありません。

天狗鼻海軍望楼台から見た海岸

海岸も自然のままなので、100年前も同じ景色が広がっていたはずです。

天狗鼻海軍望楼台から見た海岸

宿舎跡

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡

望楼台へ行く途中の少し開けた場所が宿舎跡です。

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡のコンクリート片

今となっては何もないように見えますが、よく見るとコンクリート片がころがっています。

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡の掘削された山肌

山肌は削った跡があります。

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡の加工された石

この石も明らかに人の手が入っています。

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡の木

宿舎跡は森に帰りつつあります。

天狗鼻海軍望楼台 宿舎跡を覆う草木

天狗鼻への道

天狗鼻海軍望楼台への進入口

天狗鼻へ行くには、鹿児島県道 43 号川内串木野線から脇道へ入ります。

天狗鼻海軍望楼台への進入口の標柱

入口には立札が建ててあるので、迷うことはありません。

天狗鼻海軍望楼台へのコンクリート舗装道路

天狗鼻の近くまで、アスファルトではなくコンクリートで舗装された道が整備されています。

天狗鼻海軍望楼台への道路
下の写真と同じ場所です

ただし、とても道幅がせまいので車で入るのを躊躇します。

天狗鼻海軍望楼台への道路
上の写真と同じ場所です

季節によっては、路肩の草が伸びて道幅がさらにせまくなります。

天狗鼻海軍望楼台へのコンクリート舗装道路

この日は、県道沿いに車を止めて歩いて行ってみましたが、片道30分かかりました。

ササで覆われる天狗鼻海軍望楼台への道

小傷がついても気にしないような小型車で、ゆっくり進むことをおススメします。

天狗鼻海軍望楼台入口の立札と標柱

天狗鼻の入口につくと、望楼台の立札があります。

天狗鼻海軍望楼台入口前の駐車スペース

近くの路肩に4~5台分の駐車スペースがあります。

天狗鼻海軍望楼台入口前の駐車スペース

先客の車の目的は、望楼台ではなく海釣りです。

天狗鼻海軍望楼台への山道

この先は望楼台まで大量のレンガや資材を運び込んだとは思えない山道です。

天狗鼻海軍望楼台への山道

市の史跡

天狗鼻海軍望楼台入口の立札と標柱

天狗鼻海軍望楼台は、1985 年(昭和 60 年)旧川内市時代に史跡として指定されています。

天狗鼻海軍望楼台の説明板

アクセスは便利でないのですが、だからこそ100年前の遺構が手付かずで残ったのでしょう。

天狗鼻海軍望楼台 山道の入口

そして、明治時代に寄田の集落から険しい山道を通って往来していたことを想起させてくれます。

天狗鼻海軍望楼台前の道

場所 鹿児島県薩摩川内市寄田町

関連記事

【関連記事】川内川あらし 月屋山からながめる川内川の幻想的な自然現象

【関連記事】川内原子力発電所展示館 九州南部唯一の原発を理解するうえで貴重な資料群

【関連記事】串木野サンセットパーク 甑島の背後に沈む夕日が美しい公園

【関連記事】北薩地域の特産品 訪れる前におみやげをチェック

【関連記事】遺構探訪関連記事 まとめ

【関連記事】薩摩半島の戦争遺構群 戦局の悪化とともに増備された基地たち

【関連記事】九州南部の戦争遺構 大戦を後世に伝える物証 まとめ