湯前駅 開業当時の駅舎を残すくま川鉄道の終着駅で始発駅 

湯前駅は、くま川鉄道湯前線の終点です。

終着駅であり、始発駅です。

湯前線の開業時からある駅の中で、当初の姿を残す唯一の駅となりました。

2014年(平成26年)駅舎本屋は、湯前線開業90周年に合わせて、国の有形登録文化財となっています。

まいてつ 聖地 湯医駅

あまり知られていませんが、PCゲーム「まいてつ」の聖地となっています。

ゲームの中では「湯医駅」という駅になっています。

【関連記事】まいてつ 御一夜市(おひとよし)とは?ゲーム紹介

周辺施設

湯~とぴあ

正式には、「ふれあい交流センター湯~とぴあ」というようです。

湯前駅と隣接しています。

メインは観光物産館と観光案内所です。

名前から温泉施設をイメージするかもしれません。

温泉施設は「湯楽里(ゆらり)」といって、町内の別の場所にあります。

貸音楽室(スタジオ)などもあり湯前駅と一体化した、多目的施設といった感じでしょうか。

それと、レンタサイクルも湯~とぴあにあります。

球磨川サイクリングロード

湯前駅は、球磨川サイクリングロードの起点となります。

サイクリングロードは別記事でごらんください。↓

レールウイング

ホームと反対側のウッドデッキみたいなところを指すようです。

駅の入場券などは不要で、普段から自由に出入りできます。

イベントなどの時使用されています。

アーチ形のモニュメントにくっついてるのは「せぐっちょ」です。

球磨川によくいる魚みたいです。

市房山が正面にみえる角度なので、湯前駅から見ると斜めに構えたアーチに見えます。

ユノカフェ

レールウイングの入り口にあるカフェです。

イベントの時は人多いですが、普段はゆっくりできます。

まんが図書館

ユノカフェのとなりの建物です。

まんが美術館のある湯前町らしい施設です。

湯前まんが美術館

湯前町出身の風刺漫画家「那須良輔」氏にちなんでおり、 那須良輔記念館ともいいます。

建物は「きじ馬」という人吉の郷土玩具をイメージしたらしいです。

きじうまはこんなやつです。

特徴的な形は、くまもとアートポリス という熊本県のプロジェクトに参加しているためです。

建物全部が美術館というわけではなく、中央公民館と教育委員会、図書館なども兼ねています。

こちらの図書館はまんが図書館ではありません。

沿革

1924年大正13年鉄道省の駅として開業
1949年昭和24年国鉄の駅となる
1987年昭和62年JR九州の駅となる
1989年平成元年くま川鉄道の駅となる
1996年平成8年JRバス廃止
2014年平成26年国の重要文化財に指定

ホームのいちばん人吉側です。

11〜12両編成の時は、人吉側はホームにかかっていませんでした。

門司港駅直行は、こちらがわに停まってました。

ホームより東側(まんが美術館側)です。

ずいぶん前はこの道は線路で、湯前駅で乗客を降ろした後、こちらのほうまで回送されていまいた。

役場に行く道には踏切があって、わざわざ踏切の先まで行って折り返していました。

駅前広場は、昔は国鉄バスの基地でした。

国鉄の職員もたくさんいて、関係者以外は入れない雰囲気でした。

湯前駅は、地元の人だけではなく、山間部や県境をバスで越えた、宮崎県の人たちも集まりとても賑やかな駅でした。

最近は駅周辺に、新しいスポットも増えています。

旧来の歴史的文化財スポットと合わせて、場末の雰囲気が楽しめます。

場所  熊本県球磨郡湯前町1760-3